※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

企業向けレクリエーションを実施しました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

塩尻市のS株式会社塩尻工場様より、社員同士のコミュニケーションを活性化させ、同時に日頃の運動不足を解消できるような楽しいレクリエーションを実施してほしいとの依頼があり、4月16日(木)、地域健康支援ステーション健康運動指導士 赤津恵子スタッフと人間健康学部スポーツ健康学科の学生1名が伺いました。

 

S株式会社の体育館で社員の方々14名と当ステーションスタッフ及びスポーツ健康学科学生の総勢16名でレクリエーションによる交流を楽しみました。

そのレクリエーションの様子をお伝えします。

 

まずはじめのご挨拶。
自己紹介をします。

 

 

 

 

 

 

 

そして準備運動。
体育館を歩いて一周し、少し体を温めます。

 

 

 

 

 

 

 

次に、ウォームアップとして二人一組で向き合い、「頭・肩・膝・ポン」と手と足を使った運動をします。歌のリズムに合わせ、膝を高く上げて足踏みしながら「頭」・「肩」の時は手を自分の頭と肩に置き、「膝」で手を膝に、「ポン」で組になった二人が高い位置で手を合わせます。
最後に腕を組みあったり、ハイタッチしたりと、リズムを変えながら行いました。

 

 

 

 

次に、チーム対抗レクリエーションゲームのためのチーム分けをします。一切話をせず、ジェスチャーのみで誕生日の順番に並んでいきます。手で合図したり、目でサインを送りながら並んでいました。順番通り並べているか確認したところ・・・
皆さん、順番通りきちんと並ぶことができました。

 

 

 

 

チーム分けが終わると、お互い相手の事を知るために、名前や趣味、好きな場所や好きな食べ物などを紹介しあいます。決められた時間になるべく多くの人に紹介します。最終的に紹介しあった人と共通するものがいくつあったか確認します。1つもない人もいれば3つもあったという方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

次は、「ボディじゃんけん」です。1チーム2~3人ずつのグループに分かれ、1グループにつき5,000円(おもちゃのお金)を持ち金とし、お金を賭けてボディじゃんけんをします。たくさん稼いだチームが勝ちとなります。
今回は緑チームが勝ちました。

 

 

 

 

 

次に「ハンドッジビー」というゲームです。チームメンバーの中からキーパーを一人決め、自陣のゴールを守ります。他の人は、ドッジビー(フリスビーより軽く柔らかい素材のもの)をパスしながらゴールに投げ入れます。ドッジビーを受けとったら一歩も歩くことができません。ドッジビーは軽いうえにカーブを描くため、なかなか思うところにパスがつながらず、皆さん笑いながらも真剣にプレーいていました。結果は引き分けでした。

 

 

 

「じゃんけんピラミッド」では、一つのチームが4人・2人・1人とピラミッド型に並びます。一番奥に並んでいる人が王様です。相手チームは、向かい側から合図とともに走りだし、じゃんけんをしていきます。じゃんけんに勝つと次に進むことができ、最後の王様に勝つと宝物がもらえます。しかし、じゃんけんに負けるとスタート地点からやり直しになってしまいます。最後の王様になかなか勝つことができず悔しがる姿も見られました。このゲームは赤チームが勝ちました。

 

 

 

最後はみんなで輪になって手をつなぎます。赤津健康運動指導士が輪の真ん中で合図をします。片手を挙げたときは何もせず、両手を挙げたときはつないでいる手を強く握るというゲームです。片手が挙がっているのに強く握ってしまい、「しまった。間違えた。」という表情の方が何人かいらっしゃいました。

 

 

 

 

笑いあり涙あり(?)の楽しい時間もあっという間に過ぎ、チーム対抗のレクリエーションゲームは、「引き分け」という結果になりました。
皆さん、お疲れ様でした。


参加された社員の方々の感想を一部ご紹介します。


◇楽しく笑いながら運動でき、すごくよかったです。明日(明後日)の筋肉痛が心配です。久しぶりに身体を動かしました。ありがとうございました。

◇予想していたよりも楽しかった。思っているより汗をかいた。あっという間に時間が過ぎ、1つ1つのゲーム内容が新鮮だった。ありがとうございました。

◇他部署の方々と交流できよかった。また参加できればと思う。

◇軽運動とは思えないほど動くことができ、体が温まりました。日ごろの運動不足を思い知らされました。仕事の合間にストレッチ等行っていきたいと思います。本日はご指導いただきありがとうございました。

 

軽運動で身体を動かしつつ、楽しみながら社員同士のコミュニケーションを図る。そんなレクリエーションのお手伝いができたでしょうか。
ステーションスタッフ、学生共々楽しませていただきました。
S株式会社の皆様、ご協力ありがとうございました。


レシピの紹介⑤「ほうれん草としらす干しのナムル」

冷蔵庫にある野菜を使ってできる簡単な料理「ほうれん草としらす干しのナムル」を紹介します。

 

<材料>(2人分)

ほうれん草 1/2束(120g)
しらす干し 大さじ2
もやし 1/2袋(100g)
長ネギみじん切り 小さじ1/2
ショウガみじん切り 小さじ1/2
 (調味料)
白すりごま 大さじ1/2
ごま油 小さじ1
しょうゆ 小さじ1

 

 

<作り方>

①ほうれん草はたっぷりのお湯でゆでて水にとり、水気を切ってから3~4㎝に切ります。

②しらす干しは、さっと熱湯をかけ、水気を切ります。

③もやしは、塩と酢をくわえたお湯でさっとゆでて、水を切ります。

④すりごま、ごま油、しょうゆに、ねぎとしょうがのみじん切りを混ぜ合わせ、ほうれん草、しらす干し、もやしを加えて全体を和えて出来上がりです。

もやしの代わりに、きゅうりを小口切りにしたものでもおいしいです。 

 

 

 

出展  長野県栄養士会編「いきいき長生きヘルシークッキング」より

 


レシピの紹介④「凍み豆腐の卵とじ」
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

信州で昔から親しみのある保存食材「凍み豆腐」を使ったレシピを紹介します。


凍み豆腐には骨の作られる基となるカルシウムのほかにも筋肉の作られる基になるたんぱく質も多く含まれます。
骨や筋肉の健康を保つために、日ごろの食生活にぜひ取り入れてみてください。

 

<材料> (2人分)

凍み豆腐 1/2枚
にんじん 10g
しめじ 20g
青菜 40グラム卵 1個 
めんつゆ(ストレート) 150cc

 

<作り方>

①凍み豆腐は柔らかく戻し、水気をよくしぼって短冊に切ります。

②にんじんは薄い短冊切り、しめじは石づきを除いてほぐしておきます。

③めんつゆとにんじん、凍み豆腐を鍋に入れて中火にかけます。にんじんが柔らかくなったところで、しめじ、青菜を加えます。

④さっと煮えたところで溶き卵を回し入れ、火を止めて蓋をし、しばらく蒸らして出来上がりです。

 

 

出展  長野県栄養士会編「いきいき長生きヘルシークッキング」より

 


レシピの紹介③「かぼちゃのにんにくバター炒め」
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

かぼちゃを使ったおつまみにもおいしい「かぼちゃのにんにくバター炒め」を紹介します。
かぼちゃの煮物が苦手だという男性も、子どもから大人まで、美味しくいただけます。

 

 

<材料> (4人分)

 かぼちゃ  1/4個
 にんにく  1かけ
 バター  大さじ1(10g)
 しょうゆ  小さじ1

 

<作り方>

 ① 種を取ったかぼちゃは、そのままポリ袋に入れてレンジで5分程度加熱します。袋から取り出し7ミリの厚さで食べやすい大きさに切ります。


 ② フライパンにバターとみじん切りのにんにくを入れて弱火にかけます。


 ③ にんにくの香りがたってきたら、かぼちゃを加えて炒めます。形が崩れないように気をつけながら炒め、しょうゆをまわしかけてでき上がりです。

 

出展  長野県栄養士会編「恋野菜れしぴ」より


松本山雅スタめし提案プロジェクト第5期「スタめし販売のお知らせ」
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本山雅スタジアム食「スタめし」第5期
完成発表会を行いました!!


 平成22年度、株式会社松本山雅と本学との連携協定から始まったスタめし提案活動。第1期から第4期までに学生が考案したお弁当、スイーツ、飲み物など、商品化され実際に販売されたメニューはなんと34品。どのスタめしも販売開始から数分で売り切れてしまうほどの人気でした。

 今回で第5期目となり、健康栄養学科の学生有志と松本山雅FCホームスタジアムアルウィンの出展業者との共同開発によるスタめしメニュー提案活動が始まりました。これまでの活動経過を報告します。

 

 6月12日(木)、本学にてスタめし提案プロジェクトの説明会が行われ、アルウィンの出展業者でもあるフィールド・オブ・キッチン蔵岡久男氏より「松本山雅スタめし商品開発のポイント」と題した講話をいただき、学生たちが聴講しました。

 6月14日(土)には、松本山雅FCのホームスタジアムである松本平広域公園総合球技場アルウィンの現地視察に行ってきました。出展者の販売状況を知ること、応援に来ている観客のニーズを知ることを目的とし、どんな商品が販売されているか、どんな形が食べやすいなど考えながら視察しました。学生たちは視察で学んだことを活かしながら、出展者と何度も打合せを重ね、試行錯誤しながらメニューを形にしていきます。

 9月11日(木)、本学6号館実習食堂にて「スタめし」完成発表会が開催され、9月14日(日)松本山雅ホームゲーム ファジアーノ岡山戦にて販売する7品を紹介しました。
完成発表会には、松本山雅後援会理事長 山村様をはじめ、販売出展者様、山雅後援会「Team-Vamos」の方々、本学地域健康支援ステーション廣田直子所長(兼健康栄養学科長)、松本山雅の椎名選手、山本選手、道上選手、松下選手も同席してくださいました。

はじめに松本山雅後援会理事長 山村様より、続いて本学地域健康支援ステーション廣田直子所長よりご挨拶をいただきました。

そして学生たちのメニュー説明のプレゼンです。商品のコンセプト、アピールポイントなどを短い時間でまとめて発表します。学生たちは緊張していた様子でしたが、しっかり発表していました。

プレゼンの後は、ボランティア「Team-Vamos」の方々や、選手たちを交えての試食会。 IMG_2390.JPG

選手の皆さんも、メニューを考案した学生に質問したりしながらおいしそうに食べていました。「おいしかった。このスタめしを食べて応援してください。」との感想もいただきました。

 

最後に記念撮影!!

松本山雅様、 選手の皆さん、出展業者の方々、ボランティアの方々、ありがとうございました。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

9月14日(日)松本山雅FCホームゲーム
ファジアーノ岡山戦にてスタめし販売します!!

 

9月14日(日)ファジアーノ岡山戦で販売されるスタめし7品を紹介します。

りんご'勝'姜焼き丼
700円
限定80個
中島屋降籏米穀様ブースより販売

特産の蓼科信州豚を使った、砂糖を使わずりんごのさわやかな甘さで焼き上げた生姜焼き丼です。

 

 

 

 

レタスたっぷり山賊クレープ
500円
限定50個
焼きたてやブース様より販売

クレープ生地で、塩尻産レタスと山賊焼きを巻いた、サッカー観戦しながら片手で食べられる山賊焼きです。

 

 

 

 

緑のちくわOne Soul揚げ
300円
限定50本
居酒屋 勝様ブースより販売

安曇野わさび風味のツナマヨが入ったちくわを、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマンの入った緑の衣で丸ごと1本揚げました。

 

 

 

 

サラダDE肉みそ冷やし麺
600円
限定150杯
安曇野小町様ブースより販売

野菜をたくさん使って肉みそを混ぜるタイプの冷やし麺。スープが残らずさっぱり食べられます。

 

 

 

 

山雅アップルスカッシュ IMG_2369.JPG
500円
限定50杯
バーデン・バーデン様ブースより販売

青リンゴのスカッシュに、信州りんごとフルーツ氷菓を加え、見た目も楽しいすっきりとした味わいのノンアルコールカクテル。

 

 

 

 

山雅スムージー
400円
限定50杯
ドーナツラボ&Hawaian Dining Hulala様ブースより販売

緑の野菜(小松菜・ほうれん草)と果物(キウイフルーツ)などを使ったスムージー。

 

 

 

 

トロピカルやまガーリーゼリー
400円
限定50杯
ほしスタ様ブースより販売

フルーツと炭酸のゼリーをクラッシュ。冷たくさっぱり飲みやすいゼリー飲料。

 

 

 

 

松本山雅FC公式HPでも紹介されています→松本山雅公式HP 

 

販売当日には、メニューを考案した学生たちが各ブースで販売のお手伝いをする予定です。
9月14日(日)はアルウィンに足を運び、是非スタめしをお買い求めくださいね♪売り切れてしまうかもしれないので、皆さんお早目にどうぞ!!!

 

スタめし食べてみんなで松本山雅FCを応援しましょう!


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら