※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

卒後フォローアップ研修会・講演会を開催しました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)
 2月21日に本学で卒後フォローアップ研修会・COC+講演会として、長野県松本保健福祉事務所・松本地域食を育む連絡会議・本学健康栄養学科との共催による「食を育むつどい」を開催しました。松本地域の食育や健康づくり活動に取り組む関係機関、団体、住民、本学学生・卒業生が一堂に会し、活動の紹介や情報交換、交流会などを行いました。

 活動事例発表では、明科中学校校長 古籏栄一氏「中学校のお弁当の日実践」のお話や、松塩筑輝く農村女性の会「親子対象の食と農のセミナー」、食生活改善推進協議会 三好美恵氏「高校生への食育実践活動」など、地域で推進されている食育の実践活動の紹介がありました。
 また、当ステーションの赤津恵子健康運動指導士による、体をほぐすストレッチや、家事をしながらできる筋トレ例などの紹介をしました。
 このほかに、健康栄養学科矢内ゼミナール生による「地域農産物を使った商品開発」、㈱あっぷるアイビー代表取締役社長の丸田剛氏による「大学とイタリアンレストラン「ピッツェリア」とコラボした健康栄養学科学生によるヘルシーメニュー開発」のお話など、松本大学の取り組みを紹介しました。
CIMG1439.JPG
 
 活動交流会は、「信州の味コンクール」入賞作品の展示紹介のほか、健康栄養学科矢内研究室と長野県中信地区6次産業推進協議会による「ゼロミッションプログラム」で商品化された食品の紹介・展示販売や、農村女性の会やJA塩尻市女性部などによる農産物・加工品の販売が行われ、活気にあふれていました。
CIMG1471.JPG

 群馬大学名誉教授の高橋久仁子先生の講演では、『「食べ物情報」ウソ・ホント「健康食品」で健康が買えますか?』と題し、メディア等の行き過ぎた食情報を見極め、正しい食物の知識を身につける重要性を伝えていただきました。
CIMG1482.JPG
参加者からは
「食育を改めて考える機会となった」
「知識を持つことで健康につながることが分かった」
「基本的な生活(食事や運動)が大切と改めて感じた」
などの感想をいただきました。


地域で介護予防運動教室を実施しています!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)
地域の公民館で、地域住民の健康寿命延伸をめざした高齢者向けの介護予防運動教室を、定期的に実施しています。

今年度は、ふれあいセンター洗馬、床尾公民館、本山公民館、吉田公民館などで月に2~4回程度実施しています。

実施内容は
・運動の意義や介護予防に関する講話
・自分の体力や体組成を知り目標を持つための測定
・速歩の効用に関する講義と指導
・チーム対抗レクリエーション
・転倒予防、腰痛予防、介護予防、杖予防のための筋トレとストレッチ
・認知症予防のためのデュアルタスク運動
・運動、歩行のための正しいフォーム、やってはいけないフォームの習得
・足裏マッサージ
・栄養に関する個別指導

など、講話や運動実践を通し介護予防のための体力づくりを行っています。

参加者からは
・日頃歩いていますが正しい歩き方を教わってよかったです。
・普通の生活では動かすことのない筋肉を動かせてよかったです。
・運動不足を感じもっと普段から体を動かそうと思います。
・70年生きてきて初めて体験させていただいたこともいくつかあり、大変ありがたかったです。

などの感想をいただきました。


CIMG1915.JPG
CIMG1986.JPG




企業で運動教室を実施しました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)
昭和電工セラミックス㈱塩尻工場から運動による社員の健康づくりをしたいとの依頼を受け、6月から11月の間、4回にわたり運動教室を実施しました。
昼休みの時間を利用し、
「正しい姿勢で歩こう」
「ロコモティブシンドローム」
「中高年に多い腰痛」
「肩こり・冷え改善」
をテーマに実施しました。

昼休みの30分という短い時間でしたが、毎回20名ほどの社員の方々が参加し、熱心に受講してくださいました。
運動の有効性のお話や、実際に筋トレやストレッチなどの運動を体験してもらいました。

参加者からは、
「ストレッチで筋肉がほぐれ、楽になることを実感できた」
「内容が詰まっていてあっという間に過ぎてしまった」
「時間を拡大してやってほしい」
などの感想をいただきました。
CIMG2050 (640x480).jpg


学生が考案した健康弁当の販売が始まりました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本市「世界健康首都会議」の実行委員会から依頼を受け、会議のプログラムの一つとして会議参加者や一般市民に販売する健康弁当のメニュー提案を行いました。この活動は平成25年度から始まり、今年で4年目となりました。


今年は人間健康学部健康栄養学科の有志学生3名と株式会社王滝とが共同で商品開発を行い、県で推進している「信州ACEプロジェクト 健康づくり応援弁当」の基準を満たし、アイディア料理を色どりよく盛り込んだ内容の健康弁当が完成しました。


メニュー提案活動に参加した3人は1年生。お弁当のコンセプトを考えるのも学生たちにとっては未知の世界です。家族や友人に相談したり、本やインターネットで調べたりして頭を悩ませながらお弁当のコンセプトやメニューなどアイディアを出し合いました。株式会社王滝の木村雅子管理栄養士のご指導をいただきながら、「体にやさしいお弁当」をメインテーマに「カラダの内側からフルに活動できますように・・・」の願いを込めて、商品名「カラフル健康ランチBOX」として完成しました。


また購入された方が、家庭の食事にも応用していただけるよう、メニュー内容と一部レシピを掲載したチラシも作成しました。

健康弁当チラシ1 (452x640).jpg

健康弁当チラシ2 (452x640).jpg
















1026日(水)、本学6号館実習食堂を会場に完成披露会が行われ、学生たちは今までの過程や思いを発表しました。発表後は新聞記者の方々からの質問に、学生たちは緊張していたようでしたが笑顔で答えていました。

CIMG1316.JPGCIMG1305.JPG










1110日(木)・11日(金)、松本市中央公民館にて開催された「第6回世界健康首都会議」の席で販売された弁当はおかげさまで300個が完売いたしました。

CIMG1310.JPG


この健康弁当は、株式会社王滝様より受注販売しています。20個以上、予約は5日前までに下記に連絡してください。

王滝ケータリングサービスTEL0263-85-0141


学生が考案したメニューがレストランピッツェリア全店で販売中です!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

「あっぷるぐりむ」や「ピッツェリア」など長野、新潟、富山で外食店を展開する株式会社あっぷるアイビーと松本大学の連携プロジェクトで、学生が提案した7品のコラボメニューが11月からレストランピッツェリア全店で販売されることになりました。

このプロジェクトは株式会社レオパレス21学校法人営業部の発案による産学連携の企画で、長野県が推進する「信州ACEプロジェクト 信州育発信3つの星レストラン」の規定に基づいた、健康に配慮したメニューを健康栄養学科学生が12品考案し、あっぷるアイビーの開発担当者に販売可能になるよう評価していただきながら検討を重ね、最終的にピッツァ3品、パスタ7品が決定されました。

 

1024日(月)ピッツェリア村井店において「ピッツェリア ヘルシーメニュー完成披露会」が開催され、学生によるメニュー紹介と試食会、写真撮影、質疑応答などが行われました。

IMGP6295.JPG


11月から2月までピッツェリア全店にて、ピッツァとパスタそれぞれ月替わりで販売されますので是非お召し上がりください。


メニューの詳細についてはピッツェリアのHPをご覧ください→http://www.appleivy.co.jp/news/2016/10/111.php 

 

ピッツェリアメニュー.jpg

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら