※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

活動報告・研修会を行いました!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

ステーション活動報告・卒後フォローアップ研修会を行いました!

 

松本大学人間健康学部健康栄養学科では大学教育GPの選定を受け、「食の課題解決に向けた質の高い学士の育成」をめざした教育の成果を公開するため、11月23日(祝・水)ホテルブエナビスタにてGPフォーラムを開催しました。

 

GPフォーラムでは、名田庄診療所所長 中村伸一先生による特別講演や、山形県長井市レインボープラン推進協議会元会長 菅野芳秀様やオーベルジュ「エスポワール」オーナーシェフ 藤木徳彦様他によるシンポジウムなどのほか、学生によるGPの取組に関する活動報告も行われました。

 

GPフォーラムの模様はこちらをご覧ください→

http://www.matsu.ac.jp/matsumoto_u/news.php?no=909

http://www.matsu.ac.jp/matsumoto_u/news.php?no=910 

************************************

 

地域健康支援ステーションの活動をポスター発表にて紹介しました!

 

これまでの地域健康支援ステーションの活動が学生たちにより、ポスターにて紹介されました。

 

学生たち、来場者の方々の質問に真剣に答えています。

内容は・・・

 

~栄養教育~

・バイキングを活用した栄養講座
・有線放送番組の企画、出演
・ユースサッカーチームへの栄養教育 等・・・

 

健康栄養学科の学生が同行して現場を学び、『実践力のある管理栄養士』を目指し、活動に取り組んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~レシピ提案~

・松本山雅FCスタジアム「食」の提案

健康栄養学科の学生23名でプロジェクトチームを編成。JFL松本山雅FCホームスタジアムで販売される食事の新メニューを提案しました。実際に11メニューが販売されました。

・菜の花の油を使ったレシピの提案

長野県松本市中山地区のんびりの里の菜の花の油。販売促進のお手伝いで、菜の花の油を使ったレシピを健康栄養学科の学生17名が考案しました。その中から選ばれたレシピをカード型にして商品に添えることを考案中です。




これらの活動は、将来学生が管理栄養士として社会にでるため、いい経験となり、深い学びとなりました。

 

 

 

**********************************

 

 

卒業生のためのフォローアップ研修会が行われました!

 

GPフォーラムと同日、地域健康支援ステーション主催で、卒業生のための「卒後フォローアップ研修会」が開催されました。

 

内容は、「職場等で活用できるセルフコントロールとコミュニケーションについて」

講師は、株式会社 Dream Seed(ドリームシード)代表取締役 三井洋子さん

 

gp007.jpg 

研修会には、在学生(4年生)を含め13名が参加しました。三井先生はご自身の実体験を交えながら、社会人・大学院生など新しい生活を送っている卒業生や、これから社会にでる在学生のためにとても役に立つお話をしてくださいました。


例えば、
「身につけたもの、経験は減らない。失敗も経験。学生のうちにたくさん失敗しておくことも大事。」
「悲しみ、怒り、恐れなどの感情は相手にぶつけるのではなく、別の場所でエネルギーを出せばいい。泣くもいい、大声を出すもいい、ストレスをためることのないよう自分に合ったエネルギーの出し方を見つけましょう。」
「事実はひとつ。人によって感じ方や受け取り方が違うのは当たり前。事実は推測せず確かめることが大切。」

など・・・


社会人〇年目の私にも「なるほど~」と納得させられるお話がたくさんありました。


卒業生の皆さんも、

 ・社会に出る上で他人とコミュニケーションをとる上で心がけておきたい事を学ぶことができた。

 ・今後の職場での人間関係に悩むことがあった際に、前向きに物事を捉えられるのではないかなと思えた研修会でした。

などの感想があり、今後職場できっと役に立つことと思います。

研修会終了後も三井先生に相談したり質問をする学生の姿もみられました。


お忙しい中、お話をしてくださいました三井先生に深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 


 


松本山雅FC スタめし販売します!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

11月27日(日) 松本山雅ホームスタジアム アルウィンにてスタめし販売します!


「サポーターぞくぞく さんぞくドッグ」

限定150食 500円

 

松本大学健康栄養学科の山雅スタめしプロジェクトチームのメンバーがメニュー考案した「サポーターぞくぞく さんぞくドッグ」が、この度再販売されることになりました。

このさんぞくドッグは7月にも販売され、大好評だったんです!!

 

sanzokupan2.jpgドッグパンに地元のさんぞく焼きをはさんでオリジナルソースをトッピング。
このオリジナルソースがさんぞくドッグにとてもよく合うんです♪


ソースは2種類

 りんごソースわさびマヨソースから選べます。
ソースは味見もできますので、お好みのソースを選んでくださいね!

 

 

 

場所は、アルウィン西側「オールドスタイルカフェリッツ」様ブース。

スタめしメンバーの学生が調理・販売します!

 

11月27日は、ファン・サポーターの方はアルウィンにぞくぞく足を運び
さんぞくドッグを食べながら
ぞくぞくするような試合を観戦し応援しましょう!!

 


松本山雅公式HPにも記事載ってます

http://www.yamaga-fc.com/news/2011/11/23/1322003975053.html

 

 

 

 


ステーションの活動をポスター発表にて紹介します!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

地域健康支援ステーションの活動を『GPフォーラム』にて報告します!!

 

大学教育GP「食の課題解決に向けた質の高い学士の育成」の選定を受け、その教育成果を公開する松本大学人間健康学部GPフォーラムが、来る11月23日(祝・水) ホテルブエナビスタにて開催されます。

今回このGPフォーラムにて、今まで学生と共に取り組んできた地域健康支援ステーションの数々の活動をポスターにて発表しますので、是非ご覧ください。

 

~ステーションの活動~

◆松本山雅スタジアム弁当メニュー開発

pre001.jpgステーションHPでもご紹介しております。
詳しくはこちら→スタめしメニュー提案会の様子

 

 

 

 

 

 

 

◆菜の花の油を使ったレシピメニュー提案

nanohana001.jpg詳しくはこちら→菜の花の油レシピ作成の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆有線放送番組づくり

yuusen002-1.jpg詳しくはこちら→ 有線放送収録の様子

 

 

 

 

 

 

 

◆ヘルシーバイキング講座

healthy001.JPG詳しくはこちら→ヘルシーバイキング講座の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域健康支援ステーション以外の発表では、

◇地産地消をテーマとしたレストラン経営体験

◇早期体験学習

◇高校生対象実験教室のスタッフとしての活動

◇ゼミナールでの実践的活動

などの活動成果をポスター発表により紹介します。

 

また、

◆特別講演

 「健康づくり・幸せづくりと地域の絆力(きずなりょく)~寄りそ医からのメッセージ~」

  講師 国民健康保険名田庄診療所所長 中村伸一氏

◆シンポジウム

   「人生の先輩たちから"地域の幸せづくりの人"に贈るメッセージ」

 シンポジスト 山形県長井市レインボープラン推進協議会委員  菅野 芳秀氏

         オーベルジュ「エスポワール」オーナーシェフ      藤木 徳彦氏

         (企)カスタムラボ代表理事、松本ものづくり創造塾  笹井 俊一氏

         伊南行政組合「昭和伊南病院」管理栄養士    座光寺 知恵子氏

 

など、充実した内容のプログラムとなっておりますので、是非ご参加ください。

尚、参加ご希望の方は事前のお申込みが必要になります。

申し込み方法など詳しい内容は、こちらをご覧ください。

 

    

 


松本山雅スタジアム弁当4品販売決定!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(1)

「てりやきチキン丼」  「信州Flyリゾット」

「プルーンとおいもの山雅フィン」  「ピザ風おやき」

10月2日(日)アルウィンにて 同時販売!

 

 ご好評をいただいているスタめし(スタジアムで食べる食事の総称)の開発。「食」の面から山雅を応援する活動です。

松本大学健康栄養学科の山雅スタめしプロジェクトチームのメンバーが、秋からの「第2期」としてスタめしの開発を行ってきました。メンバーである学生が開発し提案したメニューの中から、4メニューが商品化され、10月2日のホーム戦で販売されることになりました。
関連記事はこちらから>>>http://www.yamaga-fc.com/news/2011/09/28/1317199718022.html

 

完成発表会を行いました!

press2-10.jpg9月27日松本大学にて「完成発表会」を行いました。

今回、開発し提案したメニューを発表する学生は報道記者様の前に着座させていただき、緊張の極致!足が震えます。

 

 

 

 

 

press2-9.jpg商品名やキャッチコピー、開発した思いなど、商品ひとつずつ紹介しました。
そのあと、学生が商品をもったところをパチリ☆

今回、報道の方は信濃毎日新聞社、市民タイムス、タウン情報の3社が取材してくださいました♪

 

 

 

 

 

では、そのメニューをひとつずつ紹介します!

 

press2-1.jpg

「てりやきチキン丼」 とろろわさびのせ →

信州特産のきのこと鶏肉を甘辛く煮て、ご飯の上にのせ、その上にとろろわさびをのせた丼もの。"信州"がいっぱいの1品です。キャッチコピーは「しつこく粘ってボールを鶏にぃく (=取りに行く)」

ブエナビスタ様ブースから限定150食、650円だそうです。


 

press2-2.jpg「信州Flyリゾット」 →

信州産のお米にきのこを加えて炊き、ホワイトソースであえてリゾット風にし、コロッケにしました。リゾットがぎっしり詰まってボリューム満点。応援しながらでも片手で大丈夫!コロッケを入れる袋も、学生の手作りです。必見!!

ブエナビスタ様ブースから限定150食、300円だそうです。


 

press2-3.jpg「プルーンとおいもの山雅フィン」 →

信州で栽培が盛んなプルーンを、スイーツに入れました。おいもの甘さとプルーンの甘酸っぱさをお楽しみください。形は食べやすいスクウェア型。抹茶の緑色で山雅らしさを表現。3個入り。仲間と分け合って食べられます。お土産にもどうぞ。

中島屋降籏米穀様ブースから限定30食、350円だそうです。


 

press2-4.jpg「ピザ風おやき」 トマトとチーズの新おやき →

信州産のきのこと野菜がたっぷり、チーズも入った洋風おやき。信州の郷土食「おやき」。実は一度に作って保存しておくこともでき、手軽に片手で食べられるジャパニーズ・ファスト・フード。信州ならではの1品です。アウェーのサポーターの皆様も記念にどうぞ。

マルイ様ブースから限定20食、200円だそうです。


 

山雅のファンの皆さま、サポーターの皆さま

10月2日(日)は是非アルウィンに足を運んで、

松本大学発スタめしを買ってくださいね!!

お待ちしております♪♪♪

 

なお、第1期からのメニューも継続して販売しています!!

中島屋降籏米穀様ブースへお立ち寄りください。

「TOFUどーなつ」「やまがんず☆クッキー」他絶賛発売中!

 

 

press2-5.jpg

press2-6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

press2-7.jpg press2-8.jpg

 


携帯サイトに『栄養・食育クイズ』を公開しました!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(1)

皆さん、地域健康支援ステーションの携帯サイトが開設されているのはご存知ですか?

えっ?!知らなかった?

そうなんです!実は携帯サイトがあるんです♪

ご利用されている方はもちろん、ご存知なかった方もこの機会に是非、ご覧くださいね!

 

今回その携帯サイトに『栄養・食育クイズ』を公開しました。

栄養・食育に関する知識を、三択または〇☓クイズで出題しています。

 

例えば、

「一番カロリーが多いのは次のうちどれでしょう?」

①ポテトチップス1袋
②おにぎり2個
③チョコレート(板)1枚


「緑黄色野菜は次のうちどれ?」
①キャベツ
②白菜
③ブロッコリー

 

皆さん、興味ありませんか?

正解、わかりますか?

正解は・・・   地域健康支援ステーション携帯サイトをご覧ください。

 へぇ~ そうだったんだ~ 知らなかった~  ってことたくさんありますよ!

 

今後、クイズは毎回3問ずつ出題していきます。随時、新しい問題をアップしていく予定ですので是非チャレンジしてみてください!!

 

keitaikuizu.jpg携帯サイトは、ステーションHPの各ページにあるQRコードからアクセスしてくださいね

 


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら