※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

携帯サイト栄養食育クイズ第8弾 出題中♪
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

携帯サイト栄養食育クイズ第8弾 公開中です!!

 

今回の問題は・・・

 

◆以下の3つのうち2つは長野県が生産量日本一の食品です。残りの1つは他県が生産量1位で、長野県は2位でした。2位なのはどれでしょう。


①レタス
②なめこ
③りんご

 

◆1本の大根、サラダなど生で食べるとして、辛味が少ないのはどの部分でしょう。


①先端の部分
②中央の部分
③首の部分

 

◆イチゴの旬はいつでしょう。


①2~5月の春
②7~9月の夏
③10~12月の冬

 

以上の3問です!

 

携帯サイトの栄養食育クイズのコーナーで挑戦して、正解を確認してみて下さい!!

第1弾から第7弾までの過去問題にも挑戦できます。

全問正解めざして頑張ってくださいね♪

 


松本山雅「スタめし」提案プロジェクト第3期 報告①
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本山雅スタめし提案プロジェクト第3期 始動しました!

 

松本山雅スタめしプロジェクトチームの学生たちにより、今季J2に昇格した松本山雅FCのホームスタジアム「アルウィン」でホームゲーム時に販売されるスタジアム弁当(スタめし)のメニュー開発が行われています。一昨年から始まったこのスタめしプロジェクト、始動から現在までに11種類のメニューが実際に販売されました。

先日、学生たちが若さあふれる新しい発想で考案し、試作したスタめしの学内選考会が行われました。早起きしたり、夜遅くまでかかって試作をしたという学生が何名もいました。

学生たち、本当によくがんばりました!

 

IMG_0841.JPG学生たちの試作したメニューはなんと35品。


どれもこれも力作ばかりですべてが商品化されてほしいものばかり・・・

35メニューの中から、20メニューが担当指導教員により選考されました。

 

 

   

IMG_0930.JPG そのうちいくつかのメニュー名のみご紹介します。

抹茶とそば粉のストライプクッキー
やまガッシュ丼
まぜまぜ!キムタクごはん
もっチーズ焼き
トマチーズ焼き
ヤマガCup
山雅の頑バーガー


など・・・

 

ここですべてをご紹介できないのが残念です。

今後、担当指導教員のアドバイスのもと、よりよいものにしていくために改良を重ねていきます。

そしてアルウィンに出展している業者の方々に提案し、実際に販売されるメニューが採択されて「商品化」となります。多くのメニューが採択されることを期待します。

 

20メニューの中からいくつかのスタめしがアルウィンで販売されるかもしれません。皆さん、楽しみにしていてくださいね・・・♥


この、スタめし提案プロジェクト第3期、今後も随時報告していきます!!

次回は、出展者へのプレゼンの様子をお伝えします!

お楽しみに・・・

 

 


携帯サイト栄養食育クイズ第7弾 出題中!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

地域健康支援ステーション携帯サイト 栄養食育クイズ第7弾公開中です!!

 

今回の問題は・・・

◆皮なしの鶏肉は、皮付きの鶏肉に比べてエネルギーは何%くらいになるでしょう。

①90%
②80%
③60%

 

◆私たちが食べている玉ねぎはどの部分でしょう?

①葉
②茎
③根

 

◆冬が旬の魚「鱈」。なんと読むのでしょう。

①たら
②ぶり
③さわら

 

以上の3問です!

 

皆さん、携帯サイトの栄養食育クイズのコーナーで挑戦してみてください!!

栄養食育クイズは、隔週水曜日に更新します。

お楽しみに・・・

 


有線放送番組の収録をしました!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

以前より健康栄養学科の学生が、月に一回出演させていただいている更北有線放送の番組の収録が、先日本学にて行われました。

番組の内容は、「地域の食の課題の解決をめざす」をテーマに、食に関する情報とおすすめレシピなどを紹介していくものです。

今回は、4月・5月分の番組を収録しました。

タイトルは

  4月 『お弁当作りの達人になろう!』

     新生活になりお弁当を作ることが始まった人、弁当作りのキホンを知って達人になりましょう!

  5月 『お勧めのおやつ~信州の小昼(こひる)~』

     農作業などが盛んな時期の補食として食されていた"小昼(こひる)"のルーツとお勧めのもの。

 

担当の学生は、本番前のリハーサルで、ステーションスタッフの石澤管理栄養士のアドバイスを受けながら何度も原稿を読み直していました。

 

本番前のリハーサル風景

20120410-1.jpg3年神林さんと石澤管理栄養士

「ここは、こうしたほうがいいかな」
「そうですね」
など和やかな雰囲気の中、リハーサルが進みます。

 

 

 

 

 

いよいよ本番です!!

更北有線放送の小林アナウンサーのご指導を頂きながら、学生たちは収録に臨みました。

 

本番中・・・

 

20120410-2.jpg 20120410-3.jpg

                  4月担当 米山さん(4年)                         5月担当 神林さん(3年)

 

本番中は緊張しながらも、聞き手に聞き取りやすいようはっきりした声で話していました。

 

収録後、小林アナウンサーは、
「自分が伝えようとする気持ちさえあれば必ず相手に伝わります。原稿を読むのではなく、会話をするように自然の流れで伝えられるといいですね。間違えたり、噛んだりして失敗しても、ここで経験したことは決して無駄な事ではないのです。」
と優しい言葉をかけてくださいました。

 

今回担当した学生の感想は・・・

・とても緊張した。伝えたいことをはっきり伝えられたか不安。楽しく聴いてもらえるように声の明るさを工夫した。とてもいい経験になった。

・リスナーに聴き取りやすいような発音を心がけたが不安。会話のような自然の流れで伝えられるように努力した。

 

学生たちは、これからもがんばっていきますので、応援よろしくお願いします♪

放送される地区は、長野市更北区、長野市南部、大町市、塩尻市だそうです。放送地区にお住まいの方で、ご家庭に受信機がある方は、ぜひ聴いてくださいね!!


今後も有線放送番組の収録は定期的に行われます。
そのつど、様子をお伝えしていきますのでお楽しみに・・・

 

 

 


新年度もがんばります!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

新年度も新たな気持ちで頑張ります!


地域健康支援ステーションは、文部科学省の平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」大学教育推進プログラム【テーマA】(教育GP)において採択された「食の課題解決に向けた質の高い学士の育成」に基づいて設置されました。開設以降、健康に関する専門業務について地域・企業・団体から依頼を受け、スタッフである管理栄養士が学生と共に活動してきました。このGPは平成23年度をもって終了となりましたが、地域健康支援ステーションはこれからも地域貢献・学生育成のため健康づくりに関して幅広い活動をしていきたいと思っております。

今後は、専門スタッフが健康栄養学科の学生だけでなくスポーツ健康学科の学生とともに、さまざまな活動を行い、企業・団体など地域の皆様にお役にたてるよう頑張ってまいりますので、ご協力できることがありましたらご一報くださいますようお願い致します。

 

~ステーションではこんな活動をしています~

<栄養講座>

個別指導・集団指導・セミナーなど実際の指導を管理栄養士スタッフが行い、学生は補助業務を行います。

eiyou1.jpg

suzaka04.jpg

 

<スポーツ栄養サポート>

高校運動部からの依頼で、年間通じた栄養サポートを行っています。

  fukashi6-7.jpg fukashi3.1.jpg

<メニュー開発>

松本山雅からの依頼でスタジアムで販売する飲食品のメニューを提案しました。また、団体からの依頼を受け菜の花の油を使ったレシピの開発なども行いました。 

   pre001.jpg nanohana001.jpg

「食」にまつわる専門的業務や学生の力が活きる活動がありましたら、お気軽にご相談ください。


お問い合わせは0263-48-7371までお願いします。

 


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら