※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

運動実践を通した健康づくりを地域の皆様にお届けしています!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

本学が文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されたことに伴い、地域健康支援ステーションでは健康づくりの分野における地域への貢献を、より一層充実させていくこととなりました。

平成25年10月より、地域健康支援ステーションスタッフとして赤津恵子運動指導士を配置し、運動実践を通して、すでに食や栄養に関する分野で支援活動を実施している管理栄養士と連携し、運動と栄養の両論で地域のみなさまの健康づくりに寄与しています。

 

これまでに赤津健康運動指導士が行った運動実践による支援活動のうち、4つの講座をご紹介します。

 

①塩尻市吉田公民館の定期的な運動教室「のびのび健康時間」

吉田公民館が毎週火曜日と木曜に定期的に開催している運動教室では、当ステーションの赤津健康運動指導士が運動実践の講師として活動しています。

この運動教室は、申込制の連続講座形式ではなく、いつでも誰でも参加できるのが特徴であり魅力となっています。基本的には誰でも参加できますが、吉田公民館は、特に一人暮らしで1日中あまり会話のない方、公民館に来たことのない方、体力に不安のある方の参加をねらいとし、広報しています。
この教室に続けて参加すれば、最低でも週2回運動することになり、筋力アップなど少しずつでも効果が期待できます。参加者からは、「腰痛が軽くなって朝スムースに起きられるようになった」、「体が動きやすくなった」、「楽しいので続けられる」などのご感想をいただいています。

新しい方にもどんどん参加していただき、地域の健康づくりのモデルとしていけたらと思っています。

 

②芝沢小学校で親子レクリエーション

芝沢小学校3年生の保護者から、人間関係をより円滑にできるようなレクリエーションを実施してほしいとのご依頼を受け、11月22日、赤津健康運動指導士が実施しました。

保護者と児童合わせて150余人、3年生担任の先生方も参加して1時間ほどのレクリエーションを実施しました。

はじめに、親子ペアによるレクでのウォーミングアップ、続いて「ワンクエスチョン名刺交換」によるコミュニケーション、「親子ペアストレッチ」、クラス対抗「じゃんけんピラミッド」、「気持ちピッタリゲーム」、最後に「反応握手ゲーム」で終了しました。

生徒から、「今日はすごく楽しかったけど、特に"じゃんけんピラミッド"が一番だった」、保護者からは、「久しぶりに体を動かすことができたし、楽しい交流ができてよかった」とのご意見をいただきました。

 

③精神障害者施設でゲームによる運動

塩尻市の精神障害者施設「そよ風の家」の収穫祭で、入所者と保護者で何か楽しいレクリエーションをやりながら運動をしたいとのご依頼を受け、12月6日、施設に赴きました。

当日は、3チームに分かれ、軽運動の伴う「ドッジビー」など3種目レクリエーションで、得点を競うプログラムを実施しました。

皆さんから、「楽しくてあっという間に時間が過ぎた」、「日ごろあまり活発に体をうごかしたことはないが、今日は運動して本当に気持ちがいい」、「久しぶりに夢中になれた」というご意見を頂戴しました。

 

④朝日村健康センターで認知症予防教室

朝日村地域包括センターが企画された、村内の高齢者の健康づくりの一環である認知症予防教室の講師として、12月13日に赤津健康運動指導士が伺いました。
認知症にもいろいろなタイプがあり、また、その予防対策にも多様なアプローチがあります。近年マスメディアでは、アルツハイマー型認知症予防のための様々な取り組みを紹介しており、そのなかに先進事例として有酸素運動、笑いとコミュニケーション、生活習慣病対策、脳トレ+運動等があります。

どの事例も体験していただきたいと思い、プログラムは、認知症の基礎知識、笑いとコミュニケーションが同時に得られるレクリエーション、ステップ運動にしりとりを加えたものにストレッチをとり入れて構成しました。

当日は「楽しく過ごす」ことと、日ごろ固くなった筋肉をゆっくりほぐすことに重点をおきました。

その結果、プログラムの半分が過ぎたところで時間となってしまい、参加者からは「時間がなくて残念だ」、「再度計画してほしい」とのご意見をいただきました。

 

 

 

 

 

 今後も、地域のみなさんの健康づくりに少しでも貢献できればと思っております。

また、可能であれば学生とともに伺わせていただきますので
ご連絡、ご用命をお待ちしております。


高校運動部栄養サポートを、学生とともに!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

管理栄養士をめざす学生とともに、平成23年から高校運動部に対し栄養サポートを行っています。今年度は県内5校の野球部・剣道部の6部の活動でサポートを行い、200名を超える高校生の体づくりに関わらせていただいています。
サポート内容は高校により違いますが、その種目に適した体づくりや生涯にわたって健康な体を維持するための食習慣の習得等を目的に、選手への栄養講座・保護者への栄養講座・試食を伴う講座・調理実習・食事日記のチェック・体重測定などを行っています。


今回ご紹介する部活は、秋に大きな大会が終わりそこから春までが「トレーニング期」となり、体重を増やしたい部員にとっては絶好の時期のサポートです。体重を増やして体をつくり、スタミナをつけて春を迎えたい、どの部員もそう思っていることでしょう。
トレーニング期に入るにあたり、11月~12月にかけて行った次の3つの講座では、ステーションの石澤管理栄養士とともに、管理栄養士をめざす健康栄養学科の学生が授業の合間を縫って準備するなど奮闘しました。写真とともに、その頑張りをお伝えします!

 

【M高校(野球部・剣道部)補食提案講座】

成長期であることとその運動量の多さから、一日5,000kcal(女子は3,500kcal)を摂取したい部員たち。

それを一日3回の食事で摂り切れない場合は「補食」を勧めています(おやつではありません、補食です)。

その補食は、少量でも栄養価の高い食べ物がよく、学校等に持って行けたり、食欲のないときに食意欲を喚起させたりするようなものが適しています。

 

おにぎりやパン、おやき、肉まんなど主食系はお勧めできるものですが、更に今回は学生たちからメニューのアイディアを出してもらいました。事前に、試作・試食を重ね配布する資料を作成し、当日は4種類を作って高校へ赴き、部員たちにアピールポイントを紹介するとともに、試食をしてもらいました。


 

 

 

 ~提案した補食~
☆マヨ辛チキンドッグ
☆バナナドーナツ
☆さつまいも大福
☆ローファットきなこドリンク


 

 

 

 

部員たちの感想:
〇とてもおいしかったです。補食をしっかりとって体重増加につなげたいです。
〇今日の補食は家でもつくれて食べられるので取り入れていきたいです。
〇美味しくエネルギーの摂取ができるので今後是非活用していきたいと思いました。
〇自分は補食をあまり食べれていないので是非これをきっかけにきちんと朝食分の補食をとって、冬の体重増加につなげたい。

 

食事も補食もしっかり摂って、めざす体を作っていきましょう!
頑張れ、M高校野球部・剣道部!!

 

 

【N高校(野球班)献立作成&調理実習】

一日5,000kcal、つまり一食1,500~2,000kcalが目標量である高校球児。30~40歳代女性の一日分が1,750~2,300kcalなので、その一日分を高校球児は一食で摂取することになります。6月の栄養講座でその目安の量を伝えたうえで、今回は調理実習を行いました!一食1,800kcalの献立を学生と考案し、おまけのデザートをつけて2,000kcalのメニューとなりました。
この講座は作ってみること、それをおなかで実感すること、そして毎日作ってくれる家族等への感謝の気持ちをもち、将来の食の自立に備えることがねらいです。さらに、 N高校は前身が農業高校だったこともあって、その歴史を踏まえ植物の栽培や家畜生育についても学びを深めたいとの監督のご意向に添い、①献立作成→②調理実習、の2ステップ構成にしました。

 

①献立作成講座では、豚の屠畜を紹介したDVDを観たり、部員さんたちが秋から栽培した野菜を使ってのメニューを思いつくまま挙げ、その中から一食の献立になるよう考えました。「白菜を使ったメニューといえば?」→「鍋~!!」「キムチ!」など威勢の良い回答がどんどん出てきます。他の部員の発言で新しいメニューを知りメニューの幅が広がったことでしょう。

 

②調理実習では、4人で一班となり自分で担当するメニューを作りました。最初に本学学生によるデモンストレーションを見てもらいました。さすがの本学の学生、包丁やフライパンの扱いは手際が良く、部員さんたちからは「おぉー!」「すげー!」という歓声があがります。

 

 

 

 

部員さんたちは自分と数歳しか違わない学生の見事な調理ぶりに自分の将来を垣間見たかもしれません。その後、班に分かれて調理を行いました。各班には学生が付き、危険がないよう配慮したり調理のアドバイスを行い、奮闘の末、やっと完成しました!

 

 

 

 

←できあがった料理を前に、パチリ!

作って食べて片付けて・・・と、のべ5時間の講座。部員さんたちの満腹の笑顔に、本学の学生たちも部員の皆さんの力になれた実感できた講座でした。


 

 

栽培や飼育等の知識を得て、食べることの根源から見つめ直したN高校野球班。
この経験が、食への感謝に、ひいては"勝てる体づくり"に
つながっていくことを期待しています!

この様子は、本学の「大学案内2015」(2014年春ごろ発刊)に詳しく掲載される予定です。

 


【S高校(野球部)体重測定&調理実習】

長いトレーニング期の中で、球児としての体づくりという目標を見失わないために、体重管理は欠かせません。S高校では、新チームになった9月に体重測定を行い、3月までに何キロ増やすという目標を立てています。その中間地点として、12月の調理実習の時に体重測定を行いました。

9月からここまでの3ヵ月でなんと4.2kg増えた人も!この日参加した35名で合計76kg増加していました。

 球児とご家族の頑張りに目を見張るばかりです。

 

IMG_9710.jpg「体をつくるためには必要な量をきちんと摂るべき」と再認識してもらい、その必要量を満たす献立で調理実習を行いました。

この日は日曜日で授業がないため、本学の高校運動部栄養サポートチーム9名の学生のうちの8名が参加できました。

みなそれぞれに調理のデモンストレーションを行ったり各班のアドバイスを行って、事故のないよう、また衛生的に行えるよう、そして楽しくできるよう配慮しました。

S高校は部員数が多く賑やかなので、学生たちは緊張しつつも楽しい時間となったようです。

 

 

 

 

  

 

  

 

 

一生懸命野菜を切る部員(左)と余裕の2年生班(右)


できあがった料理と、仲間とともに

 

部員たちの感想:
〇楽しかったしこれからの生活に活用できることがあるので活用していきたい。2000kcalのご飯を3回食べる気持ちで春に一回り大きくなれるように頑張りたいです。
〇とても時間がかかった。これをいつも親がやってくれていると思うと、とても感謝したいと思う。
〇大変だったけど作り終わったあとの達成感はとてもすごかった。
〇色々な切り方を学ぶことができてよい機会となった。

 

体重計測から調理、喫食、片付けまで、のべ6時間の講座でしたが、部員さんたちは疲れもなく、最後には正門で一列に並んで"敬礼つき"で見送ってくれました。有難うございました。

 

今度はグラウンドで、皆さんが一列に整列し校歌を歌う姿を見たいと思います!

 

*****************************

3つの講座を通して、学生たちは、食情報やメニューを提案することだけでなく、実践してもらうための工夫を学びました。

スポーツにおいて食教育は欠かせないものとなりつつありますが、今回の講座が管理栄養士をめざす学生の将来の就業に備えた貴重な経験の機会になればと思っています。

 


有線放送の収録を行いました!!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

12月11日(水)、本学6号館にて有線放送の収録を行いました。番組名は、「地域の健康づくりの課題解決をめざす」で、長野市の更北有線放送はじめ、大町、塩尻など県内8組合で放送されています。
健康栄養学科とスポーツ健康学科の有志の学生が、音声により、食と運動の両面から地域の方々に健康づくりのお手伝いをしています。

今回は、地域健康支援ステーションのスタッフ石澤管理栄養士、赤津健康運動指導士とともに5名の学生が収録に臨みました。

12月から3月放送分まで4ヶ月分を収録し、それぞれの月における『食の話』、『運動の話』、『今月のレシピ』を、その季節や行事にちなんだテーマでお届けしています。

  IMG_9796.JPG

↑  収録前の打合せの様子

 

12月放送分 健康栄養学科1年 北村さん

『食の話』 お正月料理のあれこれ

『今月のレシピ』 餅の和風ピザ DSC03632.JPG

感想 : 栄養・食事のことだけでなくスポーツ健康学科の運動による健康づくりのことも学べるので、とても勉強になります。

 

 

 

12月放送分 スポーツ健康学科2年 片瀬さん

『運動の話』 寝転んでできるストレッチ

感想 : 今回は実際に聞きながら体を動かしてもらうということだったので、ゆっくりと伝わりやすいようにということを意識して読みました。今後、原稿作りにも挑戦してみたいです。

 

 

 

IMG_9817.JPG1月放送分 スポーツ健康学科1年 廣岡さん

『運動の話』 寝転んでできる筋トレ

感想 : 直接指導しているわけではないけれど、この放送を聞いて少しでも多くの人が筋トレを一緒にやってくれたら嬉しいと思いました。

 

 

 

 

IMG_9818.JPG2月放送分 健康栄養学科1年 川口さん

『食の話』 お菓子の由来
『今月のレシピ』 簡単カステラ

感想 : 初めて有線放送の収録に参加させていただきました。とても緊張していたので、他の方の収録があまり耳に入ってこない状態でしたが、話の内容が面白くてもっとたくさん聞きたかったです。

 

 

 

IMG_9825.JPG2月放送分 スポーツ健康学科4年 弓場さん

『運動の話』 家事のついでにながら運動

感想 : 私は"話す"ことに少し苦手意識があるので、今日まで不安な気持ちが大きかったのですが、話し方のアドバイスをしていただいたり、「大丈夫だよ」と声をかけていただいたりしたので、何とか収録を終えることができました。4年生なので私にとって今回の収録が最初で最後でしたが、よい経験となりました。

 

 

 

IMG_9812.JPG1月放送分 

ステーション管理栄養士 石澤美代子

『食の話』 冬野菜を味わう
『今月のレシピ』 野菜の串揚げ

3月放送分
『今月のレシピ』 塩イカと春キャベツの柚子和え

 

 

 

 

IMG_9829.JPG3月放送分 

ステーション健康運動指導士 赤津恵子

『運動の話』 家庭でできる体力測定

 

 

 

 

 

 

今回、収録を初めて体験した学生もいました。緊張した面持ちで臨みましたが、本番になると丁寧かつはっきりとした声で堂々と原稿を読み上げていました。
学生たちは、音声のみで情報を伝えるということがいかに難しく、どうしたら聞き手にわかりやすく伝えることができるかなどの技術を学びました。
それが今後、管理栄養士や健康運動指導士などの専門職としての就業に役立つことを願っています。

 

この有線放送は、長野や大町、塩尻など7地区の有線放送のあるご家庭で聞くことができます。

DSC03615.JPG

↑  更北有線放送の番組表です

 

ご家庭に有線放送の受信機のある方は、是非お聞き下さい。

  


「世界健康首都会議」で販売される弁当のメニュー提案をしました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

信州ゆかりの食材をいかして!
「世界健康首都会議」で販売される弁当のメニュー提案をしました!

 

お弁当を通して、皆様を笑顔にしていきたい!

 

そんな思いで、松本市中央公民館を会場とする「第3回世界健康首都会議」の実行委員会から依頼を受けて、会議参加者や一般市民に販売する弁当のメニュー提案を行いました。
この活動は本年7月から始まり、健康栄養学科2年生の有志4名と、給食経営管理分野の成瀬祐子専任講師・水野尚子助手と、栄養教育分野の廣田直子教授を指導教員としてプロジェクトチームをつくり取り組んできました。
コンセプトを考えてメニューを提案する、その過程で学生たちは実に多くのことを学びました。ちょうど学内の授業でも並行して給食の授業を行っており、まさしく学びと実践を同時進行で行えた活動となりました。

 

①コンセプト考案とメニュー提案・試作

「お客様が食べたいものは何だろう」「どういうアピールができればお客様は買ってくれるだろう」等々を念頭に学生は頭を悩ませアイデアを出していきました。
「どんぶり物がよい」「信州食材をアピールしたい」「野菜や食物繊維を多く摂取してほしい」「見ためも大切」など様々なアイデアが出た中で、実際に弁当を製造し販売する株式会社王滝の熊谷浩司総料理長や木村雅子管理栄養士からご助言をいただき、コンセプトは「信州食材と乾物を使った9マス懐石風弁当」と「どんぶり物だけど野菜が必要量摂取できる弁当」としました。

お弁当は2種類でも、詰める料理は数多く必要となるため、本や資料をもとにメニューを考えていきます。お客様が食べたいものと私たちが食べてほしいものの融合もさることながら、そこに「弁当として衛生的で大量調理に適していて採算が取れるもの」という現場的な要素が絡み、メニュー考案は難航しミーティングを頻繁に行いました。学内で試作を何回か行い、11月上旬にメニューが確定しました。その紹介をします。

 

【信州SUN(産・太陽)弁当】
信州の豊かな自然が育てた自慢の食材(地産)と、栄養やおいしさがつまった乾物(太陽のめぐみ)を使った野菜たっぷり16品目彩り弁当。

○白飯
○干イカごはん
○かんぴょう牛肉
○鮭と長芋のグラタン
○凍り豆腐のえびしんじょ巻き
○おからひじきサラダ
○塩イカとキャベツの和え物
○冬野菜の串揚げ
○ほうれん草のくるみ和え
○野沢菜漬の油炒め
○かぼちゃようかん
○白玉くるみあん
○りんごのワイン煮 他

 

【ぎゅう~っと信州お宝丼】
牛肉と野菜のうま味がぎゅう~っと凝縮。どんぶりでありながら1日に必要な野菜の1/3の量を摂ることができる弁当。

○かんぴょう牛肉
○グリルパプリカ
○ブロッコリー
○長芋の大学芋

 

IMG_8969.JPG②完成披露とポスター作り

その弁当2種類を報道機関に披露することとなり、会議の実行委員会のご協力を得て、11月19日本学実習食堂を会場に完成披露会を行いました。
学生は弁当作りに加えて、今までの過程や思いを発表することとなったため「まとめる力」「伝える力」も育まれました。またそれらをまとめ食育情報の発信となるようにと考え、ポスターとチラシを作成しました。紙面のレイアウト作り、写真撮影、校正作業など授業の合間を縫って行いました。

 

③販売

11月26日。いよいよ販売となりました。午前の会議終了後に弁当についてのプレゼンをステージ上でさせていただき販売促進に協力しました。多くの方にお買い求めいただき、ほぼ完売となりました。
信州SUN弁当が1,000円で150食、ぎゅう~っと信州お宝丼が650円で70食販売され、多くの方に信州ゆかりの食材や乾物の特徴等を知っていただくことができ、併せて本学学生へたくさんの激励をいただき、学生たちは大きな学びを得たことと思います。
ご指導いただきました株式会社王滝の皆様、実行委員会のご関係者の皆様、またご購入いただきました皆様に深く感謝申し上げます。

 

お弁当を通して、皆様が笑顔になるお手伝いができたでしょうか?


大学祭で初日のみ松本山雅スタめしを販売します!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本大学梓乃森祭2013「とんでけカフェ」で
松本山雅スタめしを販売します!!

 

10月19日(土)・20日(日)に開催される松本大学梓乃森祭「とんでけカフェ」のフードショップスペースで、19日(土)のみ、健康栄養学科の松本山雅スタめし開発プロジェクトチームのメンバーが考案した「スタめし」が販売されます。
学生が考案したスタめしについての関連記事はこちら

 

通常、スタジアムでしか食べられない商品が、松本大学で購入できます。

 

販売する商品は


トン敵!やまがッツ丼  650円

IMG_7701.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ガンズくんのしっぽ  350円

IMG7712(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

山雅のおかずケーキ  350円

IMG_7711(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

はちみつレモンゼリー 350円

IMG_5925(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月19日(土)11:00~フォレストホール1Fフードショップにて販売します。

販売当日は商品を考案した学生がお手伝いをします。
売り切れ次第販売終了となりますのでお早めにお買い求めくださいね♪
お待ちしております!


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら