※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

有線放送番組の収録をしました!!

以前より健康栄養学科の学生が、月に一回出演させていただいている更北有線放送の番組の収録が、先日本学にて行われました。

番組の内容は、「地域の食の課題の解決をめざす」をテーマに、食に関する情報とおすすめレシピなどを紹介していくものです。

今回は、4月・5月分の番組を収録しました。

タイトルは

  4月 『お弁当作りの達人になろう!』

     新生活になりお弁当を作ることが始まった人、弁当作りのキホンを知って達人になりましょう!

  5月 『お勧めのおやつ~信州の小昼(こひる)~』

     農作業などが盛んな時期の補食として食されていた"小昼(こひる)"のルーツとお勧めのもの。

 

担当の学生は、本番前のリハーサルで、ステーションスタッフの石澤管理栄養士のアドバイスを受けながら何度も原稿を読み直していました。

 

本番前のリハーサル風景

20120410-1.jpg3年神林さんと石澤管理栄養士

「ここは、こうしたほうがいいかな」
「そうですね」
など和やかな雰囲気の中、リハーサルが進みます。

 

 

 

 

 

いよいよ本番です!!

更北有線放送の小林アナウンサーのご指導を頂きながら、学生たちは収録に臨みました。

 

本番中・・・

 

20120410-2.jpg 20120410-3.jpg

                  4月担当 米山さん(4年)                         5月担当 神林さん(3年)

 

本番中は緊張しながらも、聞き手に聞き取りやすいようはっきりした声で話していました。

 

収録後、小林アナウンサーは、
「自分が伝えようとする気持ちさえあれば必ず相手に伝わります。原稿を読むのではなく、会話をするように自然の流れで伝えられるといいですね。間違えたり、噛んだりして失敗しても、ここで経験したことは決して無駄な事ではないのです。」
と優しい言葉をかけてくださいました。

 

今回担当した学生の感想は・・・

・とても緊張した。伝えたいことをはっきり伝えられたか不安。楽しく聴いてもらえるように声の明るさを工夫した。とてもいい経験になった。

・リスナーに聴き取りやすいような発音を心がけたが不安。会話のような自然の流れで伝えられるように努力した。

 

学生たちは、これからもがんばっていきますので、応援よろしくお願いします♪

放送される地区は、長野市更北区、長野市南部、大町市、塩尻市だそうです。放送地区にお住まいの方で、ご家庭に受信機がある方は、ぜひ聴いてくださいね!!


今後も有線放送番組の収録は定期的に行われます。
そのつど、様子をお伝えしていきますのでお楽しみに・・・

 

 

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら