※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

有線放送の収録を行いました!!

2月25日、本学6号館において更北有線放送の番組3月・4月・5月分の収録を行いました。
番組のタイトルは、「地域の食の課題の解決をめざす」。
毎月、その月ならではの健康情報とおすすめレシピを、健康栄養学科とスポーツ健康学科の有志の学生が、原稿作りから収録まで臨みます。

 

3月は、これからの季節にぴったりな運動の話「春ウォーキング~気分爽快と肥満対策~」というテーマで収録しました。

 

運動の担当:スポーツ健康学科4年の赤津恵子さん

IMG_6843.JPG暖かい陽気となって、体を動かしやすい時期になり、みなさんにウォーキングをお勧めしたいと赤津さん。
春ウォーキングの効能は、気分爽快と肥満対策だそうです。
ウォーキングはペースがゆっくりなので季節ごとの風景を楽しみながら歩くことができます。芽吹きのこの季節、庭の草や花のつぼみ、道脇に咲く花などを鑑賞しながら歩くことで気分は爽快になりますね。

 

 

肥満の人は内臓脂肪がたまりがちになり、内臓脂肪がたまると糖尿病や高血圧症、脂質異常症になりやすいと言われています。その肥満対策として体重を減らす場合には、1カ月1㎏くらいを目安に減らしていくとよいと言われています。
体脂肪1㎏はエネルギー量として考えると、7,000kcalに相当します。7,000kcalを30日で割ると1日当たり230kcalのエネルギー量を減らせばいいことになります。お煎餅1枚でおよそ70kcal、ウォーキング40分でおよそ160kcalになります。おやつの少しの我慢と気分爽快のウォーキングの組み合わせで1カ月1㎏の減量も楽にできそうですね。
また、肥満とメタボリックシンドロームとの違い、肥満によって引き起こされる病気、なぜ肥満対策をしなければいけないかなどもわかりやすく説明しました。この季節、みなさんお誘いあってウォーキングを続けていけたらいいですね。


・・・という内容でお話しさせていただきました。

 


3月のレシピは「春の押しずし」を紹介しました。

5月分収録で紹介したレシピはちょっと変わった「黒ごまのゼリー」。

レシピ担当は、地域健康支援ステーションスタッフ石澤美代子管理栄養士。

IMG_6852.JPG育ちざかりのお子さんや、運動する方、またちょっと食が細い方などにお勧めのエネルギーの高いデザートです。

 

 

 

 

 

まずは材料から・・・

【材料(4人分)】
粉ゼラチン 5g
水 大さじ3(粉ゼラチンをふやかしておく)
牛乳 300ml
グラニュー糖 50g
黒練りごま 大さじ3
レモン汁 小さじ1
黒ごま少々

 

作り方は・・・

①鍋に、牛乳、グラニュー糖、黒練りごまを入れてよく混ぜながら火にかけ、弱火にして水でふやかしたゼラチンを入れてゆっくりよく溶かします。
②溶けたら火からおろして粗熱をとり、レモン汁を加え、冷まします。
③冷ましてとろみがついてきたら、お好みの器に入れて冷蔵庫で冷やし固めます。
④固まったら黒ごまを中央にのせ、ミントの葉などをのせて出来上がりです。


お子さんのおやつや、農作業のおやつにもいかがですか?

毎月、気軽に簡単に作れる料理をご紹介しています。

 

長野市更北地区、長野市南部、大町市、塩尻市などの地域にお住まいの方で、ご家庭に受信機がある方は是非お聞きくださいね♪
栄養や運動に関する健康情報が盛りだくさんでためになることばかり!

今後も定期的に有線放送の収録を行います。随時、健康情報をお送りしていきますのでお楽しみに・・・♪

 

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら