※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

味わう検査「官能評価」を行いました!

開発した製品の味などを評価するのは、それを製品として販売できるかどうかの判断をするためにとても大切なこと。今回、地域健康支援ステーションでは、阿南町からの依頼で、開発製品「かぼちゃのスープ」についての検査「官能評価」を行いました。

 

その官能評価は、健康栄養学科3年授業「食品の官能評価・識別法」受講生78名が実施しました。実際の商品開発現場の仕事を、大学での学びと繋げるやり方です。

 

でも皆さん、そもそも官能評価ってどんなものか知っていますか?

 

写真←のような、隣と遮断された空間に座り・・・

 

 

 

 

 

 

 

目の前の小さな小窓を通して提供されるスープ(この場合「試料」と呼びます)を引き寄せ、自分の空間の中で集中して試飲し、評価を行うのです。

 

 

 

 

 

 

これは「評点法」での試料。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回私たちが行った評価法とは・・・

 

2点嗜好試験法による評価・・・2つのスープを飲み比べ、どちらが好みか回答するもの。
評点法による評価・・・3つのスープを飲み、7項目(外観・香り・味・塩味・とろみ・舌触り・総合評価)について、それぞれ7段階(非常に悪い~非常に良い)で回答するもの。


の2種類です。

 

学生たちは、自分たちの評価が、製品の販売を左右するとあって、その試飲は真剣そのもの。
一口ずつ丁寧に判断します。

 

 

 

 

 

 

実は、今回のかぼちゃスープは、本学の矢内和博専任講師とプロジェクトチーム(健康栄養学科2年生)が開発したものなんです。もちろん、開発した製品がどれかは学生には知らされていません。

本学2年生が開発したものを、3年生が専門的知識を活用し、実践的授業として評価する。今回はそんな取り組みでした。

 

***************************************************************************

どれが開発したスープかはわからない、というのは、目隠しクイズみたいで楽しそう♪とも思えますね。
しかし、学生は一言も発することなく真剣に試飲し、今までの学習と経験を駆使して、評価を行いました。そして統計処理を行い個人の評価を集団の評価としてまとめました。

 

今後、その結果は、依頼元である阿南町さんへフィードバックされます。

 

果たして結果はいかに!!
このスープは、販売になるのでしょうか?!

 

その結果は、また本ホームページでお知らせしていきます。お楽しみに♪

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら