※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

レシピの紹介⑩「芋煮」

食欲の秋、収穫の秋にピッタリなお料理「芋煮」をご紹介します。
山形県、宮城県、福島県などの東北の南部地域では、この時期になると河川敷や広場に家族や仲間が集まって芋煮を囲んで食べる「芋煮会」を行う風習があるそうです。

今回は東北の芋煮に、きのこやごぼうを加え、信州風にアレンジした芋煮をご紹介します。

 

<材料>(4人分)

・土付き里芋   約400g(大きめ5個) 
・牛肉(切り落とし)   100g 
・こんにゃく   1枚(約300g) 
・ごぼう   1/4本(約50g) 
・マイタケなどのきのこ   1パック(100g)
・長ねぎ  1本
・だし汁  900cc
  [調味料]
・砂糖  大さじ1
・お酒  大さじ1
・しょうゆ  大さじ2
・塩  少々 

 

<作り方>

①里芋は皮をむき大きめの一口大に切り5分ほど下茹でしてざるにあげ、水で洗ってぬめりをとっておきます。
こんにゃくは一口大にちぎって下茹でします。
ゴボウはささがき、長ねぎは斜め切り、きのこは石づきを取りのぞいて食べやすい大きさにほぐしておきます。

②鍋にだし汁、里芋、ゴボウ、こんにゃくを入れ、フタをして15分ほど煮ます。
そこに、きのこと牛肉を加え、浮いてきたアクを取り除き、調味料を加えフタをして里芋が柔らかくなるまで煮ます。

③最後に長ねぎを入れ、塩で味を整えてできあがりです。

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら