※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

レシピの紹介⑨「キャベツのフライパン煮」

フライパンで簡単にできて野菜がたくさん食べられる料理をご紹介します。

 

<材料>

・キャベツ   130g(中くらいの葉3枚程度) 
・塩   小さじ1/2弱 
・トマト   100g(およそ1/2個) 
・貝割れ菜   パックの半分 
・ベーコン   1/2枚 
・ウィンナー   1本 
・サラダ油   小さじ1/2 
・酒・しょうゆ   それぞれ小さじ1/2 
・こしょう   少々

 

<作り方>

①キャベツは一口大にざく切りにして、塩を全体に振りかけてなじませておきます。
トマトは芯を取りのぞき、くし形に切ります。
貝割れ菜は根元を切り落とし、半分に切ります。
ベーコンは千切りにし、ウィンナーは斜めに切ります。

②フライパンにサラダ油を熱し、ベーコンとウィンナーを炒めます。
香りが出てきたら強火にしてキャベツを加え、酒としょうゆを加えて炒めます。

③全体がしんなりしてきたら、トマトを加えてさらに炒めます。こしょうで味を調え、火を止めます。

④器に盛り付けて、貝割れ菜をちらして出来上がり。

 

 

野菜に火を通すと「かさ」が減るので、たくさん食べることができます。キャベツの甘みとトマトの酸味がマッチしてさっぱりと食べられる野菜料理です。
この一品で、一日に推奨する野菜の摂取量350gの1/3を摂ることができます。

 

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら