※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

学生が考案した健康弁当の販売が始まりました!

松本市「世界健康首都会議」の実行委員会から依頼を受け、会議のプログラムの一つとして会議参加者や一般市民に販売する健康弁当のメニュー提案を行いました。この活動は平成25年度から始まり、今年で4年目となりました。


今年は人間健康学部健康栄養学科の有志学生3名と株式会社王滝とが共同で商品開発を行い、県で推進している「信州ACEプロジェクト 健康づくり応援弁当」の基準を満たし、アイディア料理を色どりよく盛り込んだ内容の健康弁当が完成しました。


メニュー提案活動に参加した3人は1年生。お弁当のコンセプトを考えるのも学生たちにとっては未知の世界です。家族や友人に相談したり、本やインターネットで調べたりして頭を悩ませながらお弁当のコンセプトやメニューなどアイディアを出し合いました。株式会社王滝の木村雅子管理栄養士のご指導をいただきながら、「体にやさしいお弁当」をメインテーマに「カラダの内側からフルに活動できますように・・・」の願いを込めて、商品名「カラフル健康ランチBOX」として完成しました。


また購入された方が、家庭の食事にも応用していただけるよう、メニュー内容と一部レシピを掲載したチラシも作成しました。

健康弁当チラシ1 (452x640).jpg

健康弁当チラシ2 (452x640).jpg
















1026日(水)、本学6号館実習食堂を会場に完成披露会が行われ、学生たちは今までの過程や思いを発表しました。発表後は新聞記者の方々からの質問に、学生たちは緊張していたようでしたが笑顔で答えていました。

CIMG1316.JPGCIMG1305.JPG










1110日(木)・11日(金)、松本市中央公民館にて開催された「第6回世界健康首都会議」の席で販売された弁当はおかげさまで300個が完売いたしました。

CIMG1310.JPG


この健康弁当は、株式会社王滝様より受注販売しています。20個以上、予約は5日前までに下記に連絡してください。

王滝ケータリングサービスTEL0263-85-0141



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら