※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

「世界健康首都会議」で学生が考案した健康弁当が販売されます!

松本市「世界健康首都会議」の実行委員会から依頼を受けて、会議参加者や一般市民に販売する弁当のメニュー提案を行いました。
この活動は平成25年度から始まり、今年で3年目となりました。今回は健康栄養学科の有志10名と、給食経営管理分野の成瀬祐子専任講師・水野尚子助手と硲野佐也香助手、栄養教育分野の廣田直子教授を指導教員としてプロジェクトチームをつくり取り組んできました。
 

学生たちは頭を悩ませながらお弁当のコンセプトやネーミング、献立などアイディアを出していきました。学内で何度も試作を行い、学内の指導教員や実際に弁当を製造し販売する株式会社王滝の木村雅子管理栄養士からご助言をいただき、コンセプトは「食べて思わず笑顔になるお弁当」、ネーミングは「愛ディアあふれる健康弁当」とし、メニューが確定しました。 

 

 

【愛ディアあふれる健康弁当】

いつもの食材、いつもの野菜をひと工夫した料理と学生たちの愛をたくさん詰め込んだ「健康弁当」です。
このお弁当は「信州ACE(エース)プロジェクト」のEat(健康に食べる)の取り組みである「健康づくり応援弁当」の基準を満たした健康弁当です。
基準とは、
①主食・主菜・副菜がそろっていること。
②エネルギーは500kcal以上700kcal未満。
③野菜(きのこ、藻類含む)が140g以上。
④食塩相当量は3g未満。
⑤栄養成分表示がされている。
⑥長野県産食材を使用している。

IMG_5926.JPG

<お弁当の内容>

○白米(ごま塩)
○山菜ごはん
○鶏肉の粒マスタード焼き
○高野豆腐のグラタン
○長芋のカラフル揚げ
○きのこの彩り寄せ
○しゃきしゃきナポリタン
○ごぼうのわさびマヨネーズ和え
○あんずの紅茶煮砧(きぬた)巻き
○ほうれん草のお浸し
○卵焼き
○ミニトマト
○ブロッコリー
○白玉かぼちゃあずき

 

この健康弁当を報道機関に披露することとなり、会議の実行委員会のご協力を得て、10月21日(水)、本学実習食堂を会場に完成披露会を行いました。
学生は弁当作りに加えて、今までの過程や思いを発表しました。
発表後は新聞記者の方々からの質問に、学生たちは緊張していたようでしたが笑顔で答えていました。 IMG_5904.JPG IMG_5918.JPG

 

11月5日(木)・6日(金)、松本市中央公民館にて「第5回世界健康首都会議」が開催されます。
健康弁当は6日(金)11:00~販売いたします。昼休みには学生の代表が弁当についてプレゼンテーションをさせていただく予定となっております。
「愛ディアあふれる健康弁当」は1,000円で300食限定で販売いたしますので、皆様、当日は是非足をお運びいただき、学生たちの愛をたっぷり詰め込んだ健康弁当をお買い求め下さい。また、学生たちが食育情報の発信となるポスターとお弁当に封入するチラシを作成しましたのでそちらもお楽しみください。

( この健康弁当は世界健康首都会議以降は、株式会社王滝様より予約販売されることになっています。)

IMG_5934.JPG

コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら