※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

松本山雅スタめし提案プロジェクト第6期始動しました!

 平成22年度に株式会社松本山雅と本学との連携協定から始まったスタめし提案プロジェクトは、今回で6期目となりました。
 この活動は、松本山雅FCのホームゲーム時にスタジアムアルウィンで販売されるスタジアム弁当(スタめし)を、健康栄養学科の学生有志が提案し出展業者との共同で商品化して販売するというプロジェクトです。

 

 5月28日(木)、スタめし提案プロジェクトの開始にあたっての研修会を行いました。
 はじめに株式会社松本山雅の内田様よりご挨拶をいただき、その後地域健康支援ステーション所長兼健康栄養学科長廣田直子先生、健康栄養学科石澤美代子助手より、参加学生へ期待を込めた言葉をいただきました。

 つづいて、アルウィンスタめし出展業者の代表で株式会社フィールド・オブ・キッチン代表取締役社長の蔵岡久男氏より「商品開発とは」と題し、開発の考え方やマーケティングについて具体的にお話しいただきました。
参加した学生は36名。真剣な表情でメモをとりながら聞いていました。
当たり前と思われる物事も違う視点から考えてみると新たな発見がある、消費者(サッカー観戦者)の立場になって考えて商品のコンセプトやアピールポイントを決めていくなど、商品の考案にあたり勉強になるお話ばかりでした。 IMG_4238.JPG IMG_4239.JPG

 

 

 

 

 研修会に参加した学生は、実際にスタめしの販売状況を知るため、6月3日(水)アルビレックス新潟戦と6月7日(日)FC東京戦の2日間に分かれてアルウィンの視察に行きました。

IMG_4303.JPG IMG_4305.JPG
     

  参加した学生は合計35名。学生は限られた時間の中で各飲食ブースを回り、どのような商品が販売されているか、商品の価格はどのくらいか、どのような人が何を購入しているか、どんな風に食べているかなどをポイントに視察に臨みました。いつもは購入者の立場ですが、今回は商品を販売するという視点からお店を巡った学生たち、多くの気付きが得られたようです。
 初めてアルウィンに来たという学生も多く、スタジアムの雰囲気にワクワクしながらの視察となりました。

 

 研修、視察での学びを活かしどのような商品アイディアが生まれてくるのか、学生たちの活躍に期待するところです。順調に行けば秋ごろにアルウィンでの販売となる予定です。今回も多くのメニューが商品化され販売されますように!
皆様も、楽しみにしていてくださいね♪



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら