※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

レシピの紹介①「ゴーヤとツナのサラダ」

今の季節にぴったりなおいしい簡単レシピをご紹介します。

 

ビタミンCやカリウムが豊富で夏バテ予防にぴったりな野菜「ゴーヤ」を使ったかんたん料理「ゴーヤとツナのサラダ」です。

 

<材料> (4人分)

 ゴーヤ 1/2本
 玉ねぎ 1/2個
 ツナ缶 小1缶

<調味料>

 マヨネーズ 大さじ4
 酢 大さじ1
 砂糖 小さじ1
 塩コショウ 少々

 

<作り方>

① ゴーヤは縦半分に切り、中のワタと種をスプーンでこそげとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

② 2ミリの薄切りにして塩一つまみを振りかける。

 

 

 

 

 

 

 

③ なべにお湯を沸かし、ゴーヤを入れて30秒でざるに取り、水にさらして水気を切る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ④ 玉ねぎは薄切りにして塩一つまみで塩もみし、水気を切る。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ ツナ缶は軽く水気を切っておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1587.JPGのサムネール画像⑥ ボウルにゴーヤ、玉ねぎ、ツナ缶を入れ、マヨネーズ、酢、砂糖を加えて混ぜ合わせる。塩コショウで味を調えてでき上がり。

 

 

 

 

 

 

 <コツ・ポイント>

 ゴーヤの苦みが好きな方は、ゴーヤを茹でずに、塩もみして水にさらして使ってもいいです。蒸し暑い時期には、苦い味の刺激も食欲増進につながります。

 

出展  長野県栄養士会編「恋野菜れしぴ」より



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら