※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

松本山雅「スタめし」提案プロジェクト第4期報告②

松本山雅「スタめし」学内セレクションが行われました!!


5月20日(月)に「松本山雅スタめし」の学内セレクションが行われました。この学内セレクションは、学生たちがスタめし用に考案し試作したメニューを学内の指導教員が試食・評価し、出展者プレゼンテーションへの出品メニューを決定するものです。

 

当日、学生たちは試作した料理と提案シート(プロポーザルシートといいます)を提出します。このプロポーザルシートには、提案商品名、キャッチコピー、コンセプト・アピールポイント、材料と分量、作り方などを記入するようになっています。


 

学生たちは授業の合間をぬって、試行錯誤しながら考案・試作しました。商品名やキャッチコピーも凝っています。

 

学生たちが考案したメニューの数はなんと45メニュー。丼ものからスイーツ、飲料まであり、学生たちのアイディアってすごいな~と感心してしまいました。


試作メニューがすべてそろうと、指導教員の廣田直子教授(地域健康支援ステーション所長兼健康栄養学科長)、石原三妃専任講師、成瀬祐子専任講師と学内サポーター代表4名が審査します。

 

プロポーザルシートで、材料や、どんな工夫がされているかなどをチェックし、
「これならスタジアムで食べやすいな」
「子供が喜びそう」
「こうしたらもっと売れそうだね」
などと話しながら、試食します。

 

 

 

 

そして「スタめし」としてふさわしいと思うメニューに投票します。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして45メニューの中から33メニューが選出されました。
選出された33メニューには、それぞれ担当指導教員が決められます。
学生は担当教員の指導のもと、出展者へのプレゼンテーションに向けてメニューの改善を行っていきます。
どのメニューも「スタめし」としてふさわしいものばかり。これまでの「ミニ講義」や現地視察から学んだ成果が表れ、学生たちの頑張りが感じられました。


たくさんのメニューが採択・商品化そして販売されますように・・・
教職員一同応援しています!

 

次回は、出展者へのプレゼンテーションの様子をお伝えします。
お楽しみに



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら