※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

栄養指導・栄養サポート

塩尻市の公民館の運動教室で栄養指導を行いました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

塩尻市内の公民館で、地域健康支援ステーションの健康運動指導士スタッフが定期的に運動指導を行っています。運動による健康づくりのお話や、レクリエーションを通した軽運動、認知症予防のための体操などを、毎回和気あいあいと楽しみながら実施しています。

 

5月19日(火)は吉田公民館と本山公民館に、栄養の面からも健康づくりのお手伝いをしようと当ステーションの飯澤裕美管理栄養士スタッフが、赤津恵子健康運動指導士スタッフとともに伺いました。参加者の方々に、事前に配布し記入していただいた食事調査用紙(1日に食べた食事の料理名と分量)を持参していただき、その食事記録の内容から個別に食事のバランスなどについてアドバイスを行いました。 IMG_4184 (2).jpg IMG_4201 (2).jpg

参加者の食事記録には、季節の旬であるフキやワラビなどの山菜料理を記入している方が多くみられ、季節の郷土料理などのお話を伺いながら、バランスよい食生活のアドバイスを行いました。スタッフからの食生活の提案に、「さっそく今夜の食事から実践してみます。」との感想をいただきました。

 

  

IMG_4196.JPG当日は、運動分野でも体力測定の結果に基づいたその方に適したトレーニング方法を個別にアドバイスしました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4198.JPG個別指導を待っている方や終了した方々は、各自ストレッチや軽運動などを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

そして最後はおやつタイムです。管理栄養士が調理したカルシウムを摂取できるおやつ「凍り豆腐の白玉団子」を食べながら、「カルシウム」をテーマに話をさせていただきました。
一日のカルシウムの摂取推奨量、乳製品だけでなく大豆製品にもカルシウムが多く含まれていることや、カルシウムの栄養的な働きなどについてお伝えしました。凍り豆腐2枚分には豆腐約一丁分(300g)にあたる栄養が含まれているそうですよ。
「柔らかくて食べやすい。お団子でカルシウムが摂れるのね。」と参加者の皆さんには大好評でした!!

 

 

地域健康支援ステーションでは、地域の皆様の健康づくりのため、栄養と運動の両面からアドバイスを行い、体力の維持や改善を目指していきます。


高校運動部栄養サポートを、学生とともに!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

管理栄養士をめざす学生とともに、平成23年から高校運動部に対し栄養サポートを行っています。今年度は県内5校の野球部・剣道部の6部の活動でサポートを行い、200名を超える高校生の体づくりに関わらせていただいています。
サポート内容は高校により違いますが、その種目に適した体づくりや生涯にわたって健康な体を維持するための食習慣の習得等を目的に、選手への栄養講座・保護者への栄養講座・試食を伴う講座・調理実習・食事日記のチェック・体重測定などを行っています。


今回ご紹介する部活は、秋に大きな大会が終わりそこから春までが「トレーニング期」となり、体重を増やしたい部員にとっては絶好の時期のサポートです。体重を増やして体をつくり、スタミナをつけて春を迎えたい、どの部員もそう思っていることでしょう。
トレーニング期に入るにあたり、11月~12月にかけて行った次の3つの講座では、ステーションの石澤管理栄養士とともに、管理栄養士をめざす健康栄養学科の学生が授業の合間を縫って準備するなど奮闘しました。写真とともに、その頑張りをお伝えします!

 

【M高校(野球部・剣道部)補食提案講座】

成長期であることとその運動量の多さから、一日5,000kcal(女子は3,500kcal)を摂取したい部員たち。

それを一日3回の食事で摂り切れない場合は「補食」を勧めています(おやつではありません、補食です)。

その補食は、少量でも栄養価の高い食べ物がよく、学校等に持って行けたり、食欲のないときに食意欲を喚起させたりするようなものが適しています。

 

おにぎりやパン、おやき、肉まんなど主食系はお勧めできるものですが、更に今回は学生たちからメニューのアイディアを出してもらいました。事前に、試作・試食を重ね配布する資料を作成し、当日は4種類を作って高校へ赴き、部員たちにアピールポイントを紹介するとともに、試食をしてもらいました。


 

 

 

 ~提案した補食~
☆マヨ辛チキンドッグ
☆バナナドーナツ
☆さつまいも大福
☆ローファットきなこドリンク


 

 

 

 

部員たちの感想:
〇とてもおいしかったです。補食をしっかりとって体重増加につなげたいです。
〇今日の補食は家でもつくれて食べられるので取り入れていきたいです。
〇美味しくエネルギーの摂取ができるので今後是非活用していきたいと思いました。
〇自分は補食をあまり食べれていないので是非これをきっかけにきちんと朝食分の補食をとって、冬の体重増加につなげたい。

 

食事も補食もしっかり摂って、めざす体を作っていきましょう!
頑張れ、M高校野球部・剣道部!!

 

 

【N高校(野球班)献立作成&調理実習】

一日5,000kcal、つまり一食1,500~2,000kcalが目標量である高校球児。30~40歳代女性の一日分が1,750~2,300kcalなので、その一日分を高校球児は一食で摂取することになります。6月の栄養講座でその目安の量を伝えたうえで、今回は調理実習を行いました!一食1,800kcalの献立を学生と考案し、おまけのデザートをつけて2,000kcalのメニューとなりました。
この講座は作ってみること、それをおなかで実感すること、そして毎日作ってくれる家族等への感謝の気持ちをもち、将来の食の自立に備えることがねらいです。さらに、 N高校は前身が農業高校だったこともあって、その歴史を踏まえ植物の栽培や家畜生育についても学びを深めたいとの監督のご意向に添い、①献立作成→②調理実習、の2ステップ構成にしました。

 

①献立作成講座では、豚の屠畜を紹介したDVDを観たり、部員さんたちが秋から栽培した野菜を使ってのメニューを思いつくまま挙げ、その中から一食の献立になるよう考えました。「白菜を使ったメニューといえば?」→「鍋~!!」「キムチ!」など威勢の良い回答がどんどん出てきます。他の部員の発言で新しいメニューを知りメニューの幅が広がったことでしょう。

 

②調理実習では、4人で一班となり自分で担当するメニューを作りました。最初に本学学生によるデモンストレーションを見てもらいました。さすがの本学の学生、包丁やフライパンの扱いは手際が良く、部員さんたちからは「おぉー!」「すげー!」という歓声があがります。

 

 

 

 

部員さんたちは自分と数歳しか違わない学生の見事な調理ぶりに自分の将来を垣間見たかもしれません。その後、班に分かれて調理を行いました。各班には学生が付き、危険がないよう配慮したり調理のアドバイスを行い、奮闘の末、やっと完成しました!

 

 

 

 

←できあがった料理を前に、パチリ!

作って食べて片付けて・・・と、のべ5時間の講座。部員さんたちの満腹の笑顔に、本学の学生たちも部員の皆さんの力になれた実感できた講座でした。


 

 

栽培や飼育等の知識を得て、食べることの根源から見つめ直したN高校野球班。
この経験が、食への感謝に、ひいては"勝てる体づくり"に
つながっていくことを期待しています!

この様子は、本学の「大学案内2015」(2014年春ごろ発刊)に詳しく掲載される予定です。

 


【S高校(野球部)体重測定&調理実習】

長いトレーニング期の中で、球児としての体づくりという目標を見失わないために、体重管理は欠かせません。S高校では、新チームになった9月に体重測定を行い、3月までに何キロ増やすという目標を立てています。その中間地点として、12月の調理実習の時に体重測定を行いました。

9月からここまでの3ヵ月でなんと4.2kg増えた人も!この日参加した35名で合計76kg増加していました。

 球児とご家族の頑張りに目を見張るばかりです。

 

IMG_9710.jpg「体をつくるためには必要な量をきちんと摂るべき」と再認識してもらい、その必要量を満たす献立で調理実習を行いました。

この日は日曜日で授業がないため、本学の高校運動部栄養サポートチーム9名の学生のうちの8名が参加できました。

みなそれぞれに調理のデモンストレーションを行ったり各班のアドバイスを行って、事故のないよう、また衛生的に行えるよう、そして楽しくできるよう配慮しました。

S高校は部員数が多く賑やかなので、学生たちは緊張しつつも楽しい時間となったようです。

 

 

 

 

  

 

  

 

 

一生懸命野菜を切る部員(左)と余裕の2年生班(右)


できあがった料理と、仲間とともに

 

部員たちの感想:
〇楽しかったしこれからの生活に活用できることがあるので活用していきたい。2000kcalのご飯を3回食べる気持ちで春に一回り大きくなれるように頑張りたいです。
〇とても時間がかかった。これをいつも親がやってくれていると思うと、とても感謝したいと思う。
〇大変だったけど作り終わったあとの達成感はとてもすごかった。
〇色々な切り方を学ぶことができてよい機会となった。

 

体重計測から調理、喫食、片付けまで、のべ6時間の講座でしたが、部員さんたちは疲れもなく、最後には正門で一列に並んで"敬礼つき"で見送ってくれました。有難うございました。

 

今度はグラウンドで、皆さんが一列に整列し校歌を歌う姿を見たいと思います!

 

*****************************

3つの講座を通して、学生たちは、食情報やメニューを提案することだけでなく、実践してもらうための工夫を学びました。

スポーツにおいて食教育は欠かせないものとなりつつありますが、今回の講座が管理栄養士をめざす学生の将来の就業に備えた貴重な経験の機会になればと思っています。

 


松本深志高校野球部栄養サポート報告第8弾!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

学生が中心となって
個別指導&調理実習を行いました!

 

秋の大会や練習が終わり、高校野球児は本格的なトレーニング期に入りました。
今こそ体格を大きくするチャンス!

 

本学の栄養サポートチーム3年生6名が中心となって、
10月9~17日に個別栄養指導を、12月9日に調理実習を行いました。

 

【個別指導編】

個別指導は、事前の食事調査と活動量調査・今までの体重の推移等を見ながらその選手の改善点を見つけていくために行いました。
松本深志高校の選手は、食事調査も活動量調査もきちんと書いてきてくれます(ありがたいです~♪)。面接でも、自分の結果や今までの推移に関心があったり積極的に質問したりと、とても熱心でした。
本学の学生は、石澤管理栄養士の指導のもと、食事結果や指導のプランニング等を行い、希望する学生は面接も担当しました。
選手の皆さんには、今回の中から見つかった改善点をクリアして、この冬、一段と大きくなってくれることを期待します!

 

【調理実習編】

調理実習は、栄養教育的な意義もさることながら、冬場のレクリエーションとしてもご好評をいただいており、今回は2回目の実施となりました。
調理実習のテーマは、「一食1,500kcalの食事を、自分で作れる男になる!2」です。
その目的は三つ。


①一日の必要量5,000kcalの約1/3である一食1,500kcalの食事を作り食べる経験をすることで、体重増のための目安をつかむこと。
②ほぼ全員が進学し、多くは親元を離れることが予想されるので、自分で作れるよう調理技術を習得してもらうこと。
③仲間と作ることで連帯感を高めること。

 

本学の学生は、このテーマやねらいに沿って献立を考え、石澤管理栄養士にダメ出しをされ(笑)ながらも、エネルギー量1,665kcalの立派なメニューを完成させました!
メニューは、ハンバーグカレー、イタリアン風ラーメン、白菜と豚肉の合わせ蒸し、コールスローサラダ、いちごムースの計5品です。

当日は、まず学生が選手たちの前で作り方のデモンストレーションをしました。学生は「間違えないように」「手を切らないように」と緊張していましたが、全員うまくできました♪

 

そのあと、各班に分かれ調理をしました。
選手たち4~5人に、本学の学生1名が付いてアドバイスをしながら、大きな失敗がないよう見守りました。


  

調理実習を楽しみしてくれていた選手も多く、楽しい雰囲気の中、1時間後、立派な料理が出来上がりました!
監督もお招きし、出来上がった料理をみんなでいただきました!!

 

 

 

 

 今回の調理実習をきっかけに、自宅の料理回数が増えたり、食事量が増えて体格が大きくなることを願っています。
選手の皆さん、頑張ってね!!

   

野球ボールをイメージしたどら焼き❤→

学生が選手のために作りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****************************

 

今回のふたつの現場を通して、管理栄養士をめざす学生はさまざまなことを学び、そして体験させていただきました。学生のうちからこのように経験するのは、とても貴重なことです。
そんな体験の場を与えていただいた松本深志高校野球部様に感謝致します。

 

<ステーション管理栄養士石澤Wrote2013.1.7>


松本深志高校野球部栄養サポート第7弾
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

先輩チームから新チームへ!

夏の大会(甲子園予選県大会)が終わりました。
本学栄養サポートチームが支援している松本深志高校は
4年ぶりに三回戦に進出しました!

 

食事量を増やし、体格を大きくした選手たち。その結果、打撃力が上がったとのこと。
その後、主力だった3年生は引退し、新チームが誕生しました。地域健康支援ステーションでは、希望する学生とともに引き続き、栄養サポートをしていきます!

 

~~ この夏の栄養サポートを振り返ります ~~

 

1.試合直前の栄養講話

 

練習後の陽が落ちてきたグラウンド脇。
7月5日。大会を3日後に控え初戦の相手も決まって緊張感の高まる選手たちは、神妙な面持ちで栄養講話に耳を傾けてくれました。
スポーツには「期」に応じた食べ方があります。トレーニング期にはその種目にあった体づくりのための食べ方を、試合期には試合でパフォーマンスを発揮できる食べ方が必要になります。今回は、試合期の食べ方を伝えるため、練習後の10分間をいただきました。全員が自宅生なので、ご家族のご協力が必須です。保護者用にも資料を作り選手経由で届けました。
ご家庭でのサポートの成果ですね!

IMGP2085.jpg戦績は!!
初戦 vs須坂 <勝利>
2回戦 vs飯田工業 <勝利>
3回戦 vs伊那北 <敗退>

 

 

 

  勝って校歌を歌う松本深志高校野球部→

 

 

 

2.新チームへの栄養講話とおにぎりづくりの体験

 

8月1日、新チーム19名が集まり集団栄養講座が開催されました。
集団で講座を行うメリットは、全員が同じことを同時に学べること、そしてメンバーのコミュニケーションが高まること!
野球はチームスポーツです。そのチームビルディングの一助となることを願って、今回は講座のあとに全員でおにぎりを握る体験もしました!
おにぎりは補食としても重要なんです。

IMG_6408.jpg全員が"おぼつかない"手つきで握り(笑)、3個握ったうちの1個は「交換おにぎり」とし、(誰かわからないけど)メンバーが握ったおにぎりを食べてみました。
昔はよく言った。「同じ釜の飯を食った仲間」。みんな、それになれたかな?

 

 

 

3.引退した3年生への栄養講話とSATシステム

 

IMGP2283.jpg夏の大会を引っ張ってくれた3年生。
今まで野球漬けの毎日だったのが、受験モードに大きくシフトします。今まで体重を増加させることに目標をおいてきましたが、今後は「普通の高校生」として食べる量を調整していくようになります。その目安量や方法などを伝えるため、8月21日に集団講座を行いました。今回は本学の学生が参加し、具体的な方法をいくつか"伝授"しました。

 

 

  IMGP2293.jpg①SATによる食事チェック

ICタグのついた料理のフードモデルを、一食分選んでセンサーボックスに載せる。そして、それがその人にとっての適量献立かが瞬時でわかる「SATシステム」。全員が行い、今の自分の適正量を目で確かめました。

 

 

IMGP2301.jpg②ごはん盛り体験

自分の必要エネルギーから算出した「適正ごはん量」。それを実際に炊飯ジャーから盛り付けてもらいました。自分で盛って、その量の少なさを、実感。
   そうだよねぇ、ずっと600g食べてたのに200gとかじゃねぇ...。
でも!そんな量で足りるほど運動量が減っていることを説明。生涯にわたる体重管理(肥満予防)をめざします。

 

 

 ③ファストフードの油(脂質)と糖質の量IMGP2337.jpg

意外に多く含まれている脂質と糖質に気をつけてもらおうと、ハンバーガーやシェイクに含まれるそれらの量をボトルに入れて見てもらいました。シェイクに含まれる糖質の量の多さにびっくり!(ちなみにスタッフもびっくり!)

 

 

 

 

 

IMGP2315.jpg④よく噛んで「もしもしかめよ」

食べ過ぎを防ぐ手法として王道なのが「一口30回噛むこと」。今までは時間のない中、多い量を食べていたので早食いになっていた可能性があり、ここで是正してもらおうと企画。②のごはんを一口食べ、童謡の『うさぎとかめ』に合わせ、噛んでもらいます。歌が終わるころがちょうど30回噛むというペース。彼らなら、童謡から発展して数学の公式を唱えながらかな?

 

 

 

>>>高校生という成長期運動をするということは、二重の意味で食生活が重要になっていきます。野球での勝敗ももちろん重要ですが、この時期に栄養サポートを受けたことが彼らの人生において有益であるよう、所長、スタッフ、学生一同、今後も真摯に取り組んでいきます!

 

<ステーション管理栄養士石澤Wrote2012.8.28>


松本深志高校野球部サポート報告第5弾!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(1)

学生による提案型の栄養講座が行われました!

 

6/19(日)に深志高校野球部員の保護者を対象とした

栄養講座が行われました。

 

fukashi5-1.jpg

 

まずは、1年生の保護者を対象とした栄養講座を実施しました。皆さん、石澤管理栄養士さんのお話を真剣に聞いていました!

 

 

 

 

 

そのあとは、本日の目玉!?の「学生によるプレゼン(ご提案)講座」です♪

サポートメンバーは、保護者の方のお役に立てる内容を一生懸命考え当日に臨みました。みんなちょっぴり緊張しています(・・;)

 

fukashi5-2.jpg

fukashi5-3.jpg

 

 今回は、保護者や選手の皆さんの課題を解決できるような内容を提案しました☆

提案内容は以下の通りです。

 

◆体重を増やすためのエネルギーアップについて

◆簡単に作れる朝食について

◆消化の良い食べ方について

◆練習日や試合日の昼食や補食について

◆自分で作れるスポーツドリンクについて

◆家庭の中でのスポーツ食の展開例

 

fukashi5-4.jpgプレゼンが終わり、保護者の皆さんからの質問に答えたり、資料をお渡ししたりしました。皆さん、お子さんのためにと様々な資料やアドバイスをもらっています♪

 

 

 

 

 

 

fukashi5-5.jpgこれからも保護者の方と共に選手の皆さんを全力でサポートしていきたいと思います。

一緒に頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

(健康栄養学科 深志高校野球部栄養サポートチーム 3年有賀Wrote)

 

>>>スタッフ追記

fukashi5-6.jpg 

その学生の頑張りをまとめて、

アドバイスブック を作りました

 

選手のご家庭で活用されることを願っています。


ページ上部へ
1 2

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら