※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

ものづくりフェアのイベントでパッククッキングのブースを実施しました!

松本大学で開催された「2018まつもと広域ものづくりフェア」のイベントの一環として、715日(日)、(公社)長野県栄養士会中信支部と松本大学地域健康支援ステーションの共催で「ポリ袋でクッキング~カレーライスを作ろう~」ブースを実施しました。

 

災害非常時の食支援対策の普及に取り組む長野県栄養士会中信支部で作成した「パッククッキング料理集」のレシピの中から、「カレー」「ごはん」「チーズオムレツ」の3品を、栄養士会の管理栄養士の指導のもと、本学人間健康学部健康栄養学科の沖嶋ゼミナールの学生が支援し、16組の親子が挑戦しました。

 

IMGP7489.JPG

作り方は、食材料を全てポリ袋の中に入れて袋の外からよく揉み込み、空気を抜いて袋の口を縛り、湯を沸かした鍋に袋ごと入れて30分程度茹でて出来上がりです。

チーズオムレツは熱いうちに形を整えてから冷ますときれいな黄色でいい形に仕上がります。それぞれお皿に盛り付け家族みんなでおいしく試食しました。

 

IMGP7497.JPG

調理中は、沖嶋専任講師から災害非常時の対応やパッククッキングのアレルギー除去食への応用についてお話いただきました。

参加した子供たちからは、「材料を袋に入れてまぜただけなのにちゃんとおいしい料理ができた」と驚きの声があがり、保護者からは「応用すれば災害時に限らずアウトドアクッキングでも楽しめる」と感想をいただきました。



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら