※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

管理栄養士スタッフ 地域で栄養講座!

 

当地域健康支援ステーションの管理栄養士スタッフが、地域からの依頼に応じ栄養講座の講師を務めさせていただいています。

その時に、管理栄養士をめざす学生が講座の内容を考えたり現場に同行したりするのが、当ステーションの特徴的なところ。学生のうちから現場経験を増やし、より深い学習に繋げていくのがステーションのねらいでもあるのです。

 

 

最近行った講座を紹介します。

 

【T社 青年層教育における栄養講座】

IMGP1980.jpg今年度、25歳になる社員を集めての健康教育!
健診で異常が出る前に!と早期からの教育です。
グループワークを行ったりクイズをしたり。
身近な話題を提供して、楽しく現実的に健康づくり考えていただきました。

 

 

 

 

 

*この講座の内容は、本学健康栄養学科3年生の授業で考えたものを参考に、当ステーションスタッフの石澤管理栄養士が組み立てました。

 

<参加者の方の感想です>

・普段何気なく摂っているカロリーが、意外なものが多いことを理解しました。今後食事を選んでいこうと思います。
・自分の食生活について考え直すことができた。
・摂取カロリーについて興味を持った。

 

また、栄養講座のアンケート結果によれば、参加者33名全員が「良かった」と言って下さり、そのうち32名は「今日から取り組めそうなこと」として具体的な行動を記してくれました♪

 

T社の社員さんが早くから健康管理を自覚し、生涯通じて健康づくりを行ってくださること、その中心である食生活を大切に考えていただくことを期待しています。

 

 

 

【R財団における健康講座】

IMGP2058.jpg林業関係に今年度就職した方を集めての集中研修の最後に健康講座があり、講師として伺いました。すでに何日間も集中講義を受けていた仲間の方たちなので、和気あいあいと講座が進みました。

 

これは昨日の自分の食生活を振り返って記録シートに書いてもらっているところ。
皆さん「昨日」何を食べたかが思い出せず苦労していました(笑)。

 

*この講座も本学健康栄養学科3年生の授業で考えたものを参考に、当ステーションスタッフの石澤管理栄養士が組み立てました。

 

<参加者の方の感想です>

・よく聞く内容ではないので新鮮だった。
・健康管理に関して気にしたことがなかったので、よい。
・聴き手と対話しながら進めて頂けたため、楽しく受講できました。

 

♪スタッフのつぶやき♪

どの職業の方でも健康は大切ですが、健康づくりのための食生活と林業は特に似ているなぁといつも思います。
どちらも、一朝一夕には作り上げられない、という点で。
「将来この森をこうしよう」というビジョンがあって現在の森林整備があるように、生涯にわたって健康でいたいと思うからこそ今の食生活を大切にすべきだと。
この講座の講師は3回目ですが毎回そう思い、志を新たにしているスタッフでした。

 

本講座を通して、長野県の財産のひとつである林業を守っていく皆さんの健康づくりにお役に立てたなら幸いです♪

 

 

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら