※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

高齢者いきいき交流会で介護予防講座を実施

塩尻市社会福祉協議会奈良井分会より依頼があり、71()、当ステーションの健康運動指導士スタッフが奈良井公民館に伺い、75歳以上の高齢者が集う交流会において、介護予防、転倒予防、認知症予防のための運動の実技と講話を行いました。

 

講座には、本学人間健康学部スポーツ健康学科の3名が参加し、ストレッチ動作のモデルになったり、高齢者の方々の輪に入りコミュニケーションをはかりながら一緒に運動しました。

CIMG2351.JPGCIMG2366.JPG

実際の運動指導の現場を体験した学生たちは、

「大学で何度か高齢者の方の体力測定を行ったが、実際にストレッチの方法を教えたり、高齢者の方と触れ合うということは初めてだった。楽しく行うことができてよかった。回数を重ねていく中で、楽しく行っていける実習とはどういうものなのか、退屈させないためにはどうするのかを自分で確かめ、できるようにしていきたい。」

 

「自分は初めて高齢者を対象にストレッチ指導をやらせていただきよい経験になりました。高齢者の方々は一般の方に指導するよりも反応がよく、初めての自分でもとてもやりやすい雰囲気でした。皆さんの前に立って見本をしながらできたことはこれからにつながったと感じます。」

 

「高齢者の方々に運動指導する現場をしっかりと見ることができました。自分が指導する立場になったら、今回のような楽しい雰囲気を作れるようになりたいと思いました。」

などの感想を述べていました。

 

講座の参加者からは、

「楽しく効果的な講座であり感謝します。学生さんも親切で若いエネルギーもあって素敵でした。何より先生のお話で雰囲気が楽しくなり有難いことでした。」

 

「毎日ストレッチ体操をしていますがまだまだ使っていない筋肉があることを感じました。今日の運動も取り入れまた一年の結果を楽しみにしています。ありがとうございました。」

 

「とても良かった。毎日やる事、継続は力ですね。学生さん達の参加は今後もぜひ。高齢者が多い社会です。活躍を期待します。」

などの感想をいただきました。



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら