※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

有線放送番組の収録を行いました!

「地域の健康づくりの課題解決をめざす」というタイトルで、毎月その季節にちなんだテーマで食や運動による健康づくりの話題を提供している有線放送番組に、松本大学人間健康学部の有志の学生が毎月1回参加させていただいています。
3月14日(金)本学6号館にて、4・5・6月分の収録を行いました。

 

健康栄養学科2年 北村風露さん

4月分の栄養の話「お料理に挑戦!」というテーマでお話しました。
4月になり新しい生活を始められる学生さん、新入社員さん、転勤などで初めて家族から離れて暮らす方のために、料理の基本についてお伝えしました。

【感想】原稿を読むときにどうしても棒読みになってしまうので、不特定多数の方に聞いてもらっていることを意識して、みなさんにお伝えしていきたいと思います。

 

 

健康栄養学科4年 米山あきほさん

4月と6月のレシピを担当しました。メニューは「五目煮」、「シーフードパエリア」です。
食材を切って鍋に入れて煮るだけの簡単な煮物と、6月の食育月間にちなんだご家族そろって楽しめる料理を紹介しました。

 

 

 

4月のレシピ「五目煮」

【感想】今回初めてこの活動に参加させていただき、収録の際にはとても緊張しました。相手にわかりやすく、聞き取りやすいように話すことは意外とむずかしいのだなと思いました。ただ読むだけではなくて、自分なりの言葉できちんと相手に伝わるように話すことが大切なのだと感じました。
この有線放送を聞いてくださる方はたくさんいらっしゃるという事なので、この活動を通して少しでも地域の方々の健康づくりの力になれているとしたら嬉しいです。

 

 

 

 

健康栄養学科2年 川口愛美さん

 5月分の栄養の話、6月分の食育月間にちなんだ「お箸」の話題をお話しました。
日本以外でお箸を使っている国の紹介や正しい箸の持ち方などをお伝えしました。

【感想】2回目の収録というのもあり、原稿を読むことにあまり緊張せずにできました。

 

 

 

健康栄養学科2年 坂詰麻由さん

5月のレシピを担当。メニューは「ふわとろそうめん」です。
5月のテーマが「お箸」なので、お箸をきちんと使うことで上手に食べる事ができる料理として紹介しました。

 【感想】このような活動があるのを知り、今回初めて体験させていただきました。内容は食事に関することや、運動と身体に関すること、レシピの紹介などで松本大学ならではの活動だと思いました。この活動の大事なことは耳だけで情報をうけとってもらうものであるため、どのようにして丁寧にわかりやすく、また聞きやすく伝えるかということに気を配らなければいけないと思いました。

 

 

地域健康支援ステーションスタッフ
赤津恵子健康運動指導士

4・5・6月分の運動の話
4月「運動を始める前に」
5月「屋外運動の注意」
6月「健康運動指導士とは」「加齢に伴う体力の自然減退と運動」

 

 

4月分は、運動を始める前に注意する点をいくつかお話しました。一つ目は急な激しい運動は避ける事、二つ目は運動前にウォーミングアップをする事、三つ目は運動前と運動中に水分補給をする事、です。
5月分は、屋外で運動する時の注意する点をいくつかお話しました。熱中症対策には水分補給が一番重要な事、帽子で暑い日光を遮る事、蜂刺されに気をつける事、などです。
6月分は、「健康運動指導士とは」「加齢に伴う体力の自然減退と運動」について健康運動指導士の役割や、加齢に伴う機能低下を少しでも抑えるトレーニング方法などをお話しました。

 

今回、初めて有線放送の収録をする学生は緊張していた様子でしたが、聞き手の方々にわかりやすいように工夫してしっかりと原稿を読むことができました。また、収録を何回か経験している学生は、前回からの反省点・改善点を念頭におきながら収録に臨むことができていました。

 

食や運動、レシピなど役に立つ話題が盛りだくさんですので、有線放送が放送される地区の長野市更北地区、長野市南部、大町市、塩尻市でご家庭に受信機がある方は是非お聞きください♪

 



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら