※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

松本山雅FCファン感謝デー2012イベントに参加しました!!

今季のJ2リーグ全試合がすべて終了し、J2初参戦ながら12位という好成績をおさめた松本山雅FC。

11月18日(日)、「松本山雅FCファン感謝デー2012」が、松本平広域公園総合球技場アルウィンにて開催されました。

イベントの一つ「選手と一緒に親子で学ぼう!アスリートのためのお料理教室!」を当ステーションと㈱中島屋降籏米穀様と協同で行いました。
その時の様子をご報告します!

 

当日、アルウィンには約3000人のファン・サポーターが詰めかけたとのこと。各会場では、ウルトラクイズやキックベース大会、PK対決、選手サイン会などが行われていました。

 

アルウィン会議室では・・・

事前に松本山雅FC公式ホームページ上で募集した親子15組と塩沢選手、藤川選手、橘選手が当ステーション石澤管理栄養士によるミニ栄養講話の真っ最中!
本学健康栄養学科3年生の4名もお手伝いしてくれました。


選手たちから、前日の夕食の献立の写真を持参してもらい、食事チェック。

「この献立に足りないものは何ですか?」と石澤管理栄養士。
参加者たちからは、「野菜が足りないよね。」「これはバランスよさそう。」などの意見が出されました。

 

 

 

 

選手たちだけでなく、参加した親子たちも、前日の食事のメニューを思い出しながら、食事チェックシート(イレブン・エリア・シート)に記入していきます。

石澤管理栄養士が、三色群(体を作る赤、エネルギーになる黄色、体の調子を整える緑) を使った栄養バランスのとり方を説明し、選手たちも親子のみなさんも「ふーん、なるほど・・・。」と納得した様子。
みなさん、これを機に栄養バランスのとれた食事をするように心がけましょうね♪

 

 

 

栄養講話が終わると、全員でおにぎりづくり。

大人も子どもも、選手たちもみんなで11種類のおにぎりを作ろうというもの。
そしてそれを一つのお弁当箱に詰めて「11人が1つのチームになる」の思いを込めた「11wo(お)にぎり」なんです。
石澤管理栄養士の説明を受け、おにぎりづくりが始まりました。和気あいあいとみんなでおにぎりをにぎります。
親子で一つのことに夢中になれるっていいことですよね。しかも、大好きな選手たちと一緒におにぎりづくりなんて子供たちとってもうれしそう♪
普段見られない選手たちの姿も新鮮でした。

 

 

出来上がりは・・・

おにぎりの具は、小魚・若菜・カリうめ・ごま塩・ゆかり・たらこ・のりたま・でんぶ・緑黄野菜・型抜きのりなど・・・


どれもおいしそう♫
彩りよく上手にできました。

 

 

 

 

 

出来上がったおにぎりと一緒に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにぎりづくりが終わると、選手たちが作ったおにぎりの争奪じゃんけん大会。
じゃんけんに勝ち、運よくおにぎりを手に入れたのは、どの親子かな?

 

 

 

 

 

 

最後は選手たちからサインをもらい記念撮影。

 

左から橘選手、藤川選手、塩沢選手、石澤管理栄養士と学生たち。
みんないい笑顔です❤ 

みんなの笑顔と子供たちからのパワーをもらい、ステーションスタッフ、学生共々今後も頑張っていきます。

今回参加してくれたお子さんたちの健やかな成長と、来季の松本山雅FCのさらなるご活躍をお祈りいたします。

 

(地域健康支援ステーションスタッフ筒井Wrote)



コメントする


松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら