※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

活動実績

ぼくらの学校フェスタに参加してきました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

信州メディビトネットよりご依頼を受け、106()松本市内で、楽しくできる運動の指導を行いました。この催しは、松本市で活動する様々な市民団体が活動内容を発表するイベント「市民活動フェスタ ぼくらの学校」の一環で、信州メディビトネットの出展した健康づくり体験ブースのプログラムのひとつとして実施しました。



信州メディビトネットのブースでは、運動・栄養・睡眠をテーマにした各専門家のミニ講座や、体組成、血管年齢、肺活量などを測定して自分の健康年齢を知る「健康年齢ピック」など、参加者が楽しく健康づくりを体験することができました。その中で私は健康づくりの運動を担当し、運動の効用などを話したあと音楽に乗って楽しく踊る「楽楽エクササイズ」という体操を行いました。ポップな音楽に合わせて簡単な動きを約3分間続ける有酸素運動の体操です。


メディビト講義2.JPGのサムネール画像









181006_01.JPGのサムネール画像

最初はブースにいた15名ほどで踊っていましたが、軽快なリズムにつられて他のブースの参加者やスタッフの方々まで一緒になって踊りに参加してくれました。「単純な動きだけど案外疲れるのね」「身体が温かくなった」などの声が聞かれ、30分の運動講座でしたが「もっとやりたかった」「楽しかった」などの感想をいただきました。また、他のブースのスタッフには「楽しい企画で会場の雰囲気も明るくなってよかったよ」と言っていただけました。 

(健康運動指導士 土井麻弓)


信州ACEプロジェクトの活動をしてきました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本保健福祉事務所よりご依頼を受け、長野県で推進している健康づくり運動「信州ACEプロジェクト」の活動の一貫で大学生を対象とした松本まちなかウォーキングを926()に実施しました。松本大学の健康運動指導士を目指している学生に協力をしてもらい、信州大学の学生さんと一緒に松本市内の約5kmのコースを正しい姿勢とより効果的なウォーキング方法を意識しながら歩き、汗を流してきました。


IMG_3314.JPG

IMG_0512.cleaned.jpg




信州大学の生は武者ゼミナールに所属する学生で、担当の武者先生も一緒に歩いていただきました。ウォーキングコースは城下町の特性を活かし、史跡を巡ったり井戸水で休憩できるコースを設定しました。早歩きをする場面では「先生に負けたくない!」と、男子学生と先生がお互いに一歩も譲らず競い合う姿が見られるなど、それぞれ楽しくウォーキングを行いました。

5kmのコースを歩き終えて、「歩き方を変えるだけでこんなに汗がかけるんだ」「身体がポカポカして気持ちよかった」「大学へ歩いて通学する時に今日学んだことを思い出したい」というような感想をいただきました。昼食会場に移動し保健福祉事務所の管理栄養士さんから栄養バランスのお話をお聞きしました。その後、彩り豊かなヘルシーランチを食べながら学生同士交流を深めました。松本大学の学生から「信州大学の学生さんとウォーキングすることが出来てとても楽しかった」「今日出来た縁をこれからも大切にしていきたい」といった感想をいただきました。

IMG_3311.JPG


高校陸上競技部員に運動後のクーリングダウンの基本と補食について指導を行いました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

上伊那農業高校陸上競技部より、「運動後のクーリングダウンと補食について」の指導の依頼を受け、717日(火)に伺いました。

部員のクーリングダウンのストレッチ等の実技指導を土井健康運動指導士が、アスリートの栄養、食生活の基本と補食の話を飯澤管理栄養士が担当しました。


クーリングダウンのストレッチでは、身体をリラックスさせるには1つの動作に時間をかけて筋肉をじわじわ伸ばしていくことが重要であることをお話し、実際に体を動かしながら要領を体感してもらいました。一人で行うストレッチや、ペアでストレッチをする動作で、より筋肉を伸ばすポイントをお伝えしました。同じ部位でも少しポーズを変えると、大きな筋肉と小さな筋肉で伸びる部分が変化することを実感し、お互いに声を上げながら楽しそうに取り組んでいました。

IMG_2083.JPGIMG_2082.JPG











ストレッチで身体を動かした後は、栄養についてお話ししました。部員全員に今日の朝食・昼食で食べた料理を書き出してもらい、食事バランスガイドの分類によりバランスよく食べているかを振り返ってみました。乳製品や果物を摂れていない部員が見受けられ、夕食で摂り入れるか、食事で摂れない分は補食として補うことを提案しました。
トレーニング後に適した補食として、コンビニ等で購入できるものを具体的に紹介するとともに、電子レンジで簡単に手作りできる「蒸しカステラ」のレシピを紹介し、実際に試食してもらったところ、評判がよく「作ってみたい」との声も聞かれ、応用レシピなどの質問も受けました。

IMG_2744.JPGIMG_2088.JPG
新任の健康運動指導士スタッフが活躍中です!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

4月から地域健康支援ステーションに、新任スタッフの土井麻弓健康運動指導士が加わり活動しています。

土井麻弓.jpg

地域の要望に応じ、介護予防運動講座や軽運動・レクリエーションの指導など、運動の面から健康づくりの支援をしています。

これまでの活動の一部をご紹介します。

 














○床尾公民館 介護予防運動講座

床尾.jpg

前年度から引き続き塩尻市床尾公民館からの依頼で、地域住民の方々に介護予防の運動指導を行うことになりました。410日の初回講座では、あまり意識して動かしたことがない眼球の体操や、顔の筋肉を動かす体操をしました。426日は、「肩甲骨を動かして肩周りの血のめぐりを良くしよう」というテーマで、上半身の運動を主として行いました。58日は、「お腹の鎧を鍛えよう」というテーマで、腹筋に力をいれておなかをへこませながら身体を捻るなどの運動を行いました。参加者の皆さんからは、「視野が明るくなった気がする」「顔をこんなに動かしたことは無かった」「肩甲骨の運動をしてから、背中がすっきりしている」などの感想をいただきました。今後も、参加者が楽しみながら続けられる内容で実施していきます。 

 

○障がい者施設たんぽぽ レクリエーション

朝日村の障がい者施設から依頼を受け、418日に座ってできるレクリエーションを行いました。二人1組で息を合わせて行うネットパスリレーでは、「ボールを落とさずにパスを最後の人までつなごう」と目標を立てると、参加者の笑い声や掛け声が大きくなっていき、成功を目指して協力し合う姿を伺うことが出来ました。

 

○朝日村 ロコモ度テスト

えべや.jpg

朝日村社会福祉協議会から依頼があり、516日に、ロコモ度測定を行いました。昨年度も同じ内容でロコモ度測定を行ったので、参加者の皆さんは、昨年よりいい結果を出そうと張り切って臨んでいました。測定が終わったあとの残った時間に、お家で取り組んでいただける簡単トレーニングを紹介しました。参加者の皆さんからは、「次の測定に向けて頑張ろう」「記録が落ちないようにトレーニングに取り組んでみたい」といった感想をいただきました。

 

○自立訓練事業所あかしや 軽運動とレクリエーション

自立訓練施設あかしやからの依頼で、利用者の方が自分自身の健康づくりに取組むための支援を、年間を通して請け負うことになりました。健康運動指導士スタッフと管理栄養士スタッフが運動と栄養の両面からのアプローチで支援をしていきます。

あかしや.jpg

423日は運動面からの支援で、チーム対抗のゲームを4種類実施しました。訪問して指導するのは月1回ですが、毎日継続できるように模造紙に個人の名前を記載した「はげみ表」を作成しました。自分で決めた運動目標を実施した者はシールを貼っていき、頑張った分シールの枚数が増えていくので、それを励みに運動を続けられるよう工夫しました。

6月の「はげみ表」をみると、毎日続けて運動をしていた様子が伺えます。これからももっともっと続けていきたいですね。

6月励み表 (640x446).jpg


登山同好会の方々の体力測定を実施しました
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)
9月4日(月)、本学6号館のトレーニングルームで登山同好会の会員9名の方々の体力測定を実施しました。
スポーツ健康学科の学生6名の協力を得て、握力や柔軟性など一般的な測定と大学の専門的な機器を使った測定を行いました。学生たちはそれぞれの担当の場でコミュニケーションを図りながら参加者が最大限の力を発揮できるようサポートしました。
測定後は、日常生活の中で簡単にできるストレッチの方法を学生がモデルとなって紹介し、部位別の筋トレの方法を資料により簡単に説明しました。
IMGP1489.JPG
IMGP1514.JPG
IMGP1519.JPGIMGP1530.JPGIMGP1532.JPGIMGP1535.JPG
【参加者の声】
・普段使わない筋肉を使うことができてよかった。体力には自身があったが足裏の筋力が弱いことがわかり強化の必要性を感じた。
・自分の体力の足りないところがよくわかってよかったです。日常の中で少しずつ弱い所を直していけたらと思います。
・丁寧に先生、学生の皆さんにご指導いただいてありがたかったです。

【学生の感想】
・実際に体力測定を行って、コミュニケーションの重要性を改めて感じました。
・わかりやすく説明するのが難しかったです。
・測定方法を覚えながらサポートをしっかり行うことができた。次回の測定のときも今回のことを生かせると思う。

ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら