※ボタンをクリックすると該当するページへジャンプします。ページへ移動しない場合はポップアップブロックを解除して下さい。

松本大学地域健康支援ステーション

新着記事一覧

ぼくらの学校フェスタに参加してきました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

信州メディビトネットよりご依頼を受け、106()松本市内で、楽しくできる運動の指導を行いました。この催しは、松本市で活動する様々な市民団体が活動内容を発表するイベント「市民活動フェスタ ぼくらの学校」の一環で、信州メディビトネットの出展した健康づくり体験ブースのプログラムのひとつとして実施しました。



信州メディビトネットのブースでは、運動・栄養・睡眠をテーマにした各専門家のミニ講座や、体組成、血管年齢、肺活量などを測定して自分の健康年齢を知る「健康年齢ピック」など、参加者が楽しく健康づくりを体験することができました。その中で私は健康づくりの運動を担当し、運動の効用などを話したあと音楽に乗って楽しく踊る「楽楽エクササイズ」という体操を行いました。ポップな音楽に合わせて簡単な動きを約3分間続ける有酸素運動の体操です。


メディビト講義2.JPGのサムネール画像









181006_01.JPGのサムネール画像

最初はブースにいた15名ほどで踊っていましたが、軽快なリズムにつられて他のブースの参加者やスタッフの方々まで一緒になって踊りに参加してくれました。「単純な動きだけど案外疲れるのね」「身体が温かくなった」などの声が聞かれ、30分の運動講座でしたが「もっとやりたかった」「楽しかった」などの感想をいただきました。また、他のブースのスタッフには「楽しい企画で会場の雰囲気も明るくなってよかったよ」と言っていただけました。 

(健康運動指導士 土井麻弓)


信州ACEプロジェクトの活動をしてきました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本保健福祉事務所よりご依頼を受け、長野県で推進している健康づくり運動「信州ACEプロジェクト」の活動の一貫で大学生を対象とした松本まちなかウォーキングを926()に実施しました。松本大学の健康運動指導士を目指している学生に協力をしてもらい、信州大学の学生さんと一緒に松本市内の約5kmのコースを正しい姿勢とより効果的なウォーキング方法を意識しながら歩き、汗を流してきました。


IMG_3314.JPG

IMG_0512.cleaned.jpg




信州大学の生は武者ゼミナールに所属する学生で、担当の武者先生も一緒に歩いていただきました。ウォーキングコースは城下町の特性を活かし、史跡を巡ったり井戸水で休憩できるコースを設定しました。早歩きをする場面では「先生に負けたくない!」と、男子学生と先生がお互いに一歩も譲らず競い合う姿が見られるなど、それぞれ楽しくウォーキングを行いました。

5kmのコースを歩き終えて、「歩き方を変えるだけでこんなに汗がかけるんだ」「身体がポカポカして気持ちよかった」「大学へ歩いて通学する時に今日学んだことを思い出したい」というような感想をいただきました。昼食会場に移動し保健福祉事務所の管理栄養士さんから栄養バランスのお話をお聞きしました。その後、彩り豊かなヘルシーランチを食べながら学生同士交流を深めました。松本大学の学生から「信州大学の学生さんとウォーキングすることが出来てとても楽しかった」「今日出来た縁をこれからも大切にしていきたい」といった感想をいただきました。

IMG_3311.JPG


松本山雅スタめし提案プロジェクト第9期「スタめし販売のお知らせ」
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

株式会社松本山雅と本学の連携協定から始まった、松本山雅FCのホームスタジアムで販売する「スタめし」の提案活動は今回で第9期目を迎えました。

現地視察や事前の講習会での学びを活かし、学生たちは出店業者と何度も試作や検討を重ね試行錯誤しながらメニューを形にしていき、今回3メニューが商品化される運びとなりました。

完成発表会の様子と販売される3品をご紹介します。


完成発表会を行いました!!

 

103日(水)、本学6号館実習食堂にて完成発表会を行いました。

松本山雅FCからは、下川陽太選手と小松蓮選手が参加してくださいました。

はじめに、地域健康支援ステーション所長廣田直子教授からスタめし提案プロジェクトのこれまでの経緯や学生の様子などのお話があり、続いて学生たちによる商品化されたメニューのプレゼンテーションを行いました。

学生たちは緊張した面持ちで商品のコンセプトやこだわったアイディアなどを発表しました。

IMGP0110 (640x480).jpgIMGP0120 (640x480).jpgIMGP0126 (640x480).jpg

学生のプレゼンテーションの後は、試食会です。

IMGP2061 (640x480).jpgIMGP0139 (640x480).jpg

下川選手や小松選手からは、「これボリュームもあって美味しい」「このメニューを考えるのにどのくらい時間がかかったの?」「揚げパンの中に挟んであるクリームは何?」など学生たちへ意見や質問もあり、笑いもあり和やかな雰囲気の試食会でした。

 

メニュー開発にあたりご協力くださいました松本山雅様や業者様には深く感謝申し上げます。ありがとうございました。


106日(土)愛媛FC

スタめし販売します!!

 

106日(土)愛媛FC戦から販売されるスタめし3品を紹介します。


がっつりガンズくんバーガー

IMGP2099 (640x480).jpg

650円 限定50(予定)

SORAYA様ブースより販売

ジューシーな鶏もも肉を使ったビッグサイズの山賊焼と、地元産のトマトやレタスなどたっぷりの野菜を、ほうれん草で色づけした山雅カラーのグリーンの特注バンズではさみました。特製わさびマヨネーズソースは刻んだ野沢菜漬入りでシャキシャキした食感とピリ辛味で食欲が進みます。「とにかくボリューミーなハンバーガー」でサポーターにパワーをつけていただき、選手とともに勝利をめざしてほしいという願いをこめて考案しました。

 

松っ上げパン(抹茶揚げパン)

IMGP2100 (640x480).jpg

500円 限定100(予定)

喫茶山雅様ブースより販売

カスタードクリーム、ミルククリーム、ぶどうジャム、あんこを、山雅カラーのグリーンの抹茶の揚げパンではさみました。ホワイトチョコやコーンフレークのトッピングで4種類の味と食感が楽しめます。食べやすい大きさと見た目のかわいさにもこだわりました。松本山雅FCJ1昇格を応援する意味を込め、「松っ上げパン」というネーミングにしました。



こころを1つにOne Soulソフト

IMGP2102 (640x480).jpg

550円  (114日東京ヴェルディ戦で販売予定)

Café senri様ブースより販売

濃厚な味わいの特製バニラソフトクリームに、「多くの得点を決めてもらいたい」という願いから、山雅カラーのグリーンのよもぎ団子、サッカーボールにたとえた白玉をのせました。特製ソフトクリームには信州そばの花のはちみつをトッピング、ガンズくんのクッキーを添えて、ボリューム満点で満足感まちがいなしです。若い方から年配の方まで幅広い年代の方々に楽しんでいただけます。


IMGP2086 (640x480).jpg

販売当日にはメニューを考案した学生が各ブースで販売のお手伝いをする予定です。

106日(土)はサンプロアルウィンに足を運び、是非スタめしをお買い求めくださいね!!

 


高校陸上競技部員に運動後のクーリングダウンの基本と補食について指導を行いました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

上伊那農業高校陸上競技部より、「運動後のクーリングダウンと補食について」の指導の依頼を受け、717日(火)に伺いました。

部員のクーリングダウンのストレッチ等の実技指導を土井健康運動指導士が、アスリートの栄養、食生活の基本と補食の話を飯澤管理栄養士が担当しました。


クーリングダウンのストレッチでは、身体をリラックスさせるには1つの動作に時間をかけて筋肉をじわじわ伸ばしていくことが重要であることをお話し、実際に体を動かしながら要領を体感してもらいました。一人で行うストレッチや、ペアでストレッチをする動作で、より筋肉を伸ばすポイントをお伝えしました。同じ部位でも少しポーズを変えると、大きな筋肉と小さな筋肉で伸びる部分が変化することを実感し、お互いに声を上げながら楽しそうに取り組んでいました。

IMG_2083.JPGIMG_2082.JPG











ストレッチで身体を動かした後は、栄養についてお話ししました。部員全員に今日の朝食・昼食で食べた料理を書き出してもらい、食事バランスガイドの分類によりバランスよく食べているかを振り返ってみました。乳製品や果物を摂れていない部員が見受けられ、夕食で摂り入れるか、食事で摂れない分は補食として補うことを提案しました。
トレーニング後に適した補食として、コンビニ等で購入できるものを具体的に紹介するとともに、電子レンジで簡単に手作りできる「蒸しカステラ」のレシピを紹介し、実際に試食してもらったところ、評判がよく「作ってみたい」との声も聞かれ、応用レシピなどの質問も受けました。

IMG_2744.JPGIMG_2088.JPG
ものづくりフェアのイベントでパッククッキングのブースを実施しました!
|この記事のご感想をどうぞ→コメント(0)

松本大学で開催された「2018まつもと広域ものづくりフェア」のイベントの一環として、715日(日)、(公社)長野県栄養士会中信支部と松本大学地域健康支援ステーションの共催で「ポリ袋でクッキング~カレーライスを作ろう~」ブースを実施しました。

 

災害非常時の食支援対策の普及に取り組む長野県栄養士会中信支部で作成した「パッククッキング料理集」のレシピの中から、「カレー」「ごはん」「チーズオムレツ」の3品を、栄養士会の管理栄養士の指導のもと、本学人間健康学部健康栄養学科の沖嶋ゼミナールの学生が支援し、16組の親子が挑戦しました。

 

IMGP7489.JPG

作り方は、食材料を全てポリ袋の中に入れて袋の外からよく揉み込み、空気を抜いて袋の口を縛り、湯を沸かした鍋に袋ごと入れて30分程度茹でて出来上がりです。

チーズオムレツは熱いうちに形を整えてから冷ますときれいな黄色でいい形に仕上がります。それぞれお皿に盛り付け家族みんなでおいしく試食しました。

 

IMGP7497.JPG

調理中は、沖嶋専任講師から災害非常時の対応やパッククッキングのアレルギー除去食への応用についてお話いただきました。

参加した子供たちからは、「材料を袋に入れてまぜただけなのにちゃんとおいしい料理ができた」と驚きの声があがり、保護者からは「応用すれば災害時に限らずアウトドアクッキングでも楽しめる」と感想をいただきました。


ページ上部へ

松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら