松本大学地域健康支援ステーション

地域健康支援ステーションとは?

健康づくりの面から専門職による地域貢献を行っていくことと地域を教室として学生が学び、学生の力が地域の中でいかされることをねらいとして発足しました。

地域健康支援ステーションは、地域・企業等からのご要望に応じ、専門職の管理栄養士が中心となって栄養教育等を行っていく組織です。

 当ステーションは、実際の栄養教育など、管理栄養士業務の遂行と学生育成を融合させ、県内唯一の管理栄養士養成校として「栄養教育や栄養管理の現場で役立つ管理栄養士」の育成をめざしています。

 いま、管理栄養士は、市町村保健センター、病院、保育所、学校、福祉施設、社員食堂、レストランなど様々な場所で活躍しています。また、栄養教育は企業の研修、外食やお弁当などを通した栄養情報の提供など、多種多様な場面で行われています。

 当ステーションは松本大学の豊かな教員陣と連携し、管理栄養士をめざす学生をサポートしています。食・栄養のプロフェッショナルの力が求められること、また、学生の学びの場となることがありましたら、ぜひ協力させていただきたくよろしくお願い致します。

 松本大学では教育活動として当ステーション業務のほかにもレストラン経営体験や早期体験学習、学外での研修ツアー(アウトキャンパス・スタディ)を行うなど幅広い学びをとり入れており、その企画が評価され、平成21 年度文部科学省の大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム(教育GP)事業として採択されています(図参照)。

食の課題解決に向けた質の高い学士の育成




松本大学 地域健康支援ステーション
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら